医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > アーカイブ > 2016年7月

院長のひとり言 2016年7月

コラム 産後に骨盤矯正を行うべき理由①


骨盤が歪んでいると代謝が下がる!?

少し前にブームになっていた「骨盤矯正ダイエット」を知っていますか?

これは骨盤の捻れ、歪んだ位置を調整して基礎代謝をアップさせ、ダイエットにつなげるという方法です。
つまり、骨盤がゆがんでいると代謝が落ちるという事です。 代謝の低下によるデメリットはとても多いんです。 


太りやすくなる・免疫が下がる・冷えが起こるなどなど。代謝が下がる事は健康と美容には大敵ですね。

出産時に開いてしまった骨盤を放っておくと、歪んだ状態で固定化されてしまいます。その状態で育児(片手で骨盤に引っ掛けるような抱っこ、夜泣きなど)ストレスによる新たな歪みにより代謝はどんどん低下し、育児が終わる頃に更年期障害。なんて事も…。

産後のママの間でよく聞く、痩せにくくなった、体重は変わっていないのに太って見える、妊娠前のズボンが入らない… これもすべて骨盤のゆがみが関係している症状です。 その為に産後ダイエットをしたいというママにも是非おすすめしたいです。

骨盤が歪んだまま、免疫が下がったり、冷えを起こしたりすると単純な腰痛などの痛みだけの問題ではなくなってきてしまいます。 早い段階で、始めてもらうのがよいですね。

産後何ヶ月で受ければいい?

では産後の骨盤矯正はいつから始めればよいのでしょうか。
実際、産後何ヶ月という決まりはありませんが効果的なのは産後2~6ヶ月と言われています。 なぜなら出産で開いた骨盤は少しずつ元の位置へ戻ろうとしています。授乳をする事で子宮も収縮していくにつれ、骨盤周りの筋肉も徐々に元の長さに戻っていきます。

産後すぐであればあるほど矯正がしやすいという事ですね。しかし、産後1ヶ月はまだママも本調子ではありません。 母乳のママはなかなか赤ちゃんと離れるのも難しいですし、出産の影響がもろに出ている時期ですので外出が困難な方も多いと思います。その為に自宅での産後ケア鍼灸がおオススメなんですね。

1

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ