医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > アーカイブ > アディポネクチン

院長のひとり言 アディポネクチン

ダイエットと美肌

痩せると綺麗になるってホント!?


先日テレビでも紹介されていたアディポネクチンというホルモン。
美肌作りにもとても欠かせないホルモンのお話です。

アディポネクチンは脂肪細胞が分泌するホルモンの一種でインスリンの分泌を抑えたり、筋肉で脂肪を燃焼させる働きがあり、真皮でヒアルロン酸合成を促進してくれます。


ヒアルロン酸1gには1リットルの水分をキープする能力があるといわれています。
ヒアルロン酸は水分保持によってお肌の潤いやハリ、たるみや弾力など美肌の為の保湿には欠かせないもの。

ヒアルロン酸もコラーゲン同様に40歳後半から減っていき、60歳で若い時の半分の量になります。 
このヒアルロン酸は構造上、分子量の大きい為に実際にはなかなか肌の中には浸透してくれないんです。

プチ整形といわれているヒアルロン酸注射で真皮に注入するのは外から皮膚に浸透できないからなんですね。
アディポネクチンを増やすには内臓脂肪を減らす事が重要。

痩せるという事は内臓脂肪を除去して健康的な体作りをする事と言えますね。
ただ過度なダイエットは逆にお肌の乾燥を引き起こしたり、ホルモンバランスを崩したりしてしますので健康的に痩せていきたいですね。
偏食によるダイエットは絶対にやめて下さいね!!


適度な運動と合わせて取りたい食品として大豆、青魚、ゴマやアーモンド、緑黄色野菜や海草があります。

・大豆蛋白
  血中のアディポネクチン濃度を増やしてくれます。

・青魚
  内臓脂肪を減らしてアディポネクチンを増やしてくれます。

・ゴマやアーモンド
  インスリンの効きを良くするマグネシウムが豊富に含まれています。

・緑黄色野菜や海藻
  豊富な食物繊維で内臓脂肪対策ができ、緑黄色野菜はβカロチンも含むので美肌にはもってこいです。

・運動
  アディポネクチンを増やすのに効果的なの一日少しづつでも運動を取り入れてみましょう。


今日から内面からの健康的な美肌、美白のエイジングケアで一歩進んだあなたのキレイを目指しましょう。





1

« 40歳からのホルモンバランス | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ