医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > アーカイブ > 内臓と顔の関係

院長のひとり言 内臓と顔の関係

お顔が映す内臓反応

東洋医学の世界では内臓の感情が顔に反映されるとし望診という診断法を使います。

五行色体表というものをもとに肝心脾肺腎のそれぞれの臓器が対応する感情「五志」を顔に当てはめていくのです。
五志とは怒・喜・思・憂・恐の五種の精神情緒であり、情志ともいいます。
肝=怒、心=喜、脾=思、肺=憂、腎=恐となります。
これは五藏の機能を反映し、五藏に影響を与えると言われています。感情が内臓に反映され、結果、症状や悩みとして顔に現れるんです。

例えば、心の志は喜です。
喜の感情は元々は有益な情緒ですが、過度になると心神を傷ると言われています。
心気に異常があると喜笑が止まなくなり、心気が不足すると悲傷する。心は神明を主るので、五志すべての過極が心神を損傷する事になるのです。

これは東洋医学で言うところの「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」という考え方。

要は行き過ぎた感情があると臓器を痛めるという事。
内臓への情動が過度にかかれば、感情が表面化し、免疫に影響するという現れですね。愛を感じ、幸福を感じる事で情動も変化するんです。

お顔は内臓、そして心を映す鏡です。

1

« 乾燥肌を防ぐ生活習慣 | メインページ | アーカイブ | 妊活 »

このページのトップへ