医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > アーカイブ > 古典に学ぶ

院長のひとり言 古典に学ぶ

五味から学ぶ体質改善

体質改善してますか?     
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
本日のお話は『五味から学ぶ体質改善』
 
 
妊娠しやすい体作り、体質改善の目的とは?
 
ずばり、卵子の質の向上です。
 
 
体質改善の為には食の改善は必須になります。添加物を避ける、コンビニ食は止める、甘味は取りすぎないなどなどありますが、そもそも体にはその時の状態に合わせて欲しがる味があります。
 
 
それを東洋医学には五味と表現します。
 
 
肝心脾肺腎の臓にそれぞれ味覚が割り振られいるんです。
 
 
体の状態によって求めている味があり、適度に取ると臓腑の不調を治してくれるという考え方になります。
 
 
今日は酸っぱい物が食べたいな。スパイスの効いた辛い物が食べたいな。って思いますよね?
 
これは臓腑の働きが落ちて疲れている為に栄養として欲している味になるんです。
 
 
それでは1つずつ見ていきたいと思います。
 
 unnamed3.jpg
 
酸味(肝)ー多汗・寝汗・下痢・頻尿や気の漏れなどを抑えたり、逆にウイルスの入り込む隙を無くす作用をもちます。
 
 
苦味(心)ー体の熱をさまし、余分な水分(毒)を排出する作用があります。のぼせ・イライラ・発熱・湿疹・吹き出物・便秘の改善にも役立ちます。
 
 
甘味(脾)ー痛みを緩和する、緊張をほぐす、疲れている時に食べると元気が出る(滋養強壮・疲労回復)の作用があるので、疲れたときに摂ると癒されます。
 
 
辛味(肺)ー体を温めてくれる為、発汗作用と気血のめぐりを良くする作用があります。体内に滞ったものを外へ排出(排毒)する目的で活用すると良いでしょう。また、冷えや消化不良にも活躍します。
 
 
鹹味(腎)ー硬いものを柔らかくする作用、体を潤す作用と利尿作用があります。しこりをやわらかくするのでリンパ節の腫れや痛み、硬いものを柔らかくしてくれるので便秘に良いとも言えますね。
 
 
このように五臓に合わせて五味があり、状態に合わせて組み合わせてみて下さい。
 
 
しかし、取り過ぎたりすればそれもまた逆効果。
 
疲れたから甘いものが食べたいと食べ過ぎてしまってはただの依存になり、臓腑の働きを悪くしてしまいますからね。
 
 
この関係を相剋関係といいます。
 
 unnamed.png
 木は土に根を張り縛り、養分を取ります
 
土は水を塞き止め、澱ませます
 
水は火の勢いを消します
 
火の熱は金を溶かします
 
金は刃物となり木を薙ぎ倒します
 
 
過ぎたものは対象になる臓腑を攻撃してしまうんです。
 
 
これを五味に当てはめてみると。
 
 
酸味ー脾胃(甘)を害し、胃を弱くする。
 
食べすぎると膵臓・胃を傷めますので「甘味」で加減します。
 
 
苦味ー肺皮毛(辛)を害し、風邪を受けやすくなる。食べ過ぎると肺・大腸・鼻を傷めるため風邪にかかりやすくなります。「辛味」で加減します。
 
 
甘味ー腎膀胱(鹹)を害し、浮腫みが生じる。食べ過ぎると腎臓・膀胱を傷めるため、毛髪・肌に良くなく、浮腫みの原因となります。「鹹味」で加減します。
 
 
 
辛味ー肝胆(酸)を害し、肝機能を弱める。
 
食べ過ぎると、気が消耗するので肝臓・胆嚢・目を傷めることにつながります。「酸味」で加減します。
 
 
 
 
鹹味ー心血(苦)を害し、循環器系の不調が生じる。食べ過ぎると血の粘度があがり、血の流れが滞るので心臓や小腸を傷める傾向にあります。「苦味」で加減します。
 
 
 
例えば甘味には辛味を配合する事でもたれを軽くし、相克の位置の腎(鹹)を傷めないように、少量の塩を配合するといったようにするとバランスがとりやすくなりますよ。
 
 
辛味であれば、肝(酸)を傷めないように酸味を配合する。
 
 
これを五味調和といって、この調和を考えて食生活を改善していくと五臓六腑のバランスがとれてきますよ。
 
 
 
体質改善は自分の状態の把握から。
 
 
自分の体調を考え、五味調和を意識してみて下さい!

卵と腎の関係 〜古典に学ぶ妊娠に必要な腎の重要性〜

東洋医学では五臓六腑にそれぞれ対応した経絡というエネルギーが通る道(流注)があります。そして卵巣と関係の深い経絡・臓腑は「腎」になります。
 
 
腎は卵巣を司ると言われているんです。
 
 
腎の働きが悪くなってくると、卵巣自体の働きや能力の低下を招くと考えられます。
 
 
不妊体質、流産傾向、早発閉経などは腎の力の弱い方に多いと言えます。
 
 jingayowai.png
出産に至るまでに必要なよい卵子を育てる為には腎の働き、腎の経絡の働きが必要不可欠なんです。
 
 
卵巣に問題を抱えている方は腎の経絡に異常が見つかる事が多いんです。
 
 
 
腎の経絡の異常では自覚症状はあまりありませんが、腎の異常として一番のチェックポイントは「然谷穴」と言うツボになります。
 
 
 
ここに強圧痛のある方は腎の経絡が滞っている可能性が高いです。
 
 
そして、病院での不妊治療をされている方は注意が必要な事もあります。
 
 
例えば排卵誘発などで卵巣に自然ではあり得ない負担をかけた場合、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)を発症する可能性があります。
 
 
本来は自然な排卵周期では1つしかできない卵胞を数十個作ってしまうので、元々3〜4cmほどの卵巣が軽症では6cm、重症になると12cm以上にまで腫れ上がってしまうんです。重症化して入院まで行く方は0.8〜1.5%と言われていますので重症化する割合としてはあまり高くありません。
 
 
しかし、普段から腎に問題を抱えている方に多く発症する可能性がありますのでご自身での体質チェックはしてみてくださいね!
 
 
OHSSは腎の能力を高めてあげる事で症状が改善されていきますので積極的に腎の力を上げていきましょう。
 
 
そして、腎の問題で忘れてはいけないのが不育症。
 
 
受精して着床はしたけど流れてしまう症状です。
 
 
これも子宮の問題よりむしろ卵に問題があるんです。
 
 
不育症を腎の観点から見て行くと理由が納得できますよ。
 
 
不育症の原因は胎児の染色体異常が7割を占めると言われています。染色体異常は卵巣における卵子の減数分裂の際に起こると言われています。
 
 
腎が卵巣を司るわけですから、腎の働きが弱く、卵巣自体にエネルギーを送る事ができなかった場合、よい卵は作る事ができなく、エネルギー不足の卵子になってしまっていますよね。
 
 
だからこそ「腎」の力を充実させることが重要となるんです!!
腎の状態をよくして、質のよい卵を作るが大切になりますね!
 
 
もちろん、卵子の状態がよくても妊娠の維持に腎が貯蔵する精が使われるため、週数を経過するにしたがって、腎の機能は低下しやすくなります。
 
 
その為、脾による気血の補充が十分でなかったり、肝による蔵血がうまくいかなかったりして、それが腎の蔵精にまで影響してしまうと、妊娠の維持が難しくなります。
 
 
まずは腎の働きを良くして質のよい卵を作る事、そして脾、肝の働きを活性化させて妊娠力をつけていきましょう。
 
 
腎の養生はこちら
 
 
脾、肝はまた別の機会にお話していきます。

生理周期と陰陽 ~妊娠しやすい体質の為の陰陽バランス~

横浜市青葉区の鍼灸院
妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、
女性の健康と美容のライフサポートをする 伊藤です。




本日は生理周期を陰陽の働き方から見ていきたいと思います。

東洋医学の中心の考え方に陰陽論というものがあります。
 
 
下の図って見た事ある人が多いのではないでしょうか。
 
 index.png
 
これはすべての事は表裏関係であり、陰陽がある事を示しています。
 
 

男性は「陽」、女性は「陰」
太陽は「陽」、月は「陰」
春・夏は「陽」、秋・冬は「陰」
右は「陽」、左は「陰」
上は「陽」、下は「陰」
右は「陽」、左は「陰」
朝は「陽」、夜は「陰」
筋肉の状態の堅硬は「陽」、柔軟は「陰」    
興奮の感情は「陽」、抑制の感情は「陰」
アルカリ性は「陽」、酸性は「陰」
 
 
このように東洋医学では互いに対立し、抑制し、助け合い、変化・転換することが自然の法則であると捉えているのです。
 
 
陰陽は決して不変ではなく、太陽が昇って沈むように、常に変化しながら日々のバランスを保っています。
 
 
人の体も「陰陽」の2つに分けられます。
 
 
陰は肉体(血)、陽はエネルギー(気)です。
 
 
陰陽のバランスがうまく保たれていれば生理周期は順調であり、崩れれば生理不順や無月経が現れてきてます。
 
 
女性の身体は月経や排卵の周期があり、「月経の満ち欠けの陰陽のサイクル」と対比しています。
 
体温が低温期から高温期に移る排卵のときに陽性が強くなり、体温が高温から低温にになるときは陰性が強くなる。
 
 
言い換えれば、陰の期間にしっかり体温が下がり、陽の期間にしっかり体温が上がる。
 
 
少し具体的に生理周期を陰陽関係で言うならば、プロゲステロンは低温期に低く高温期に高くなります。
 
 
陰陽論に当てはめるとエストロゲンを陰と考え、プロゲステロンを陽と考えます。
 
 
低温期は陰が長じて、陰がピークになると排卵して陽に転化し、高温期になります。
 
 
高温期は陽が長じて、陽がピークになると陰に転化して生理になります。
 
 
 
このようにして生理周期は陰陽のリズムにより説明することができます。
 
 
 
例えば、高温期に体温が上がらない人は陽が少なくなっているのではないでしょうか?
 
 
体温がしっかり上がらないと排卵しても卵の居心地が悪いでしょう。
 
 
この場合は陽性の物を補い、陰性の物を控えるとバランスがとれますね。
 
 
体質、状態に合わせて陰陽のバランスをとると体のバランスがとれてきますよ!
 
 
食事が1番簡単に陰陽バランスをとれる方法です。
 
 
食物で簡単に陰陽を見分けるのは土の上にあるものか、下にあるものかです。
 
 
夏は陽。体も陽性に偏る為に土の上の水々しく、体を冷やす物でバランスを取ろうとしまさ。夏野菜は土の上のものが多いですよね。
 
 
冬は陰。体は陰性に傾きます。土の下の食物で体を温めるようになります。元々、鍋物に根菜類が多く使われるのも説明できますね。
 
 
この陰陽法則を意識し、食事のバランスを生理周期、ご自身の体調、体温などに合わせて変えてみてください。

古典から学ぶ妊娠

妊娠しやすい体質への改善、
マタニティから産後ケア、
女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。
 
今回は東洋医学の古典の1つから妊娠を考えていきたいと思います。
 
古代中国の古典から妊娠のプロセスを考えてみると
 
『男女の腎氣が盛になり、 天癸が至り、女子の任脉・太衝脉が通じて盛になって月経が順調におこり、男子の精が溢れ出ることによって、陰陽が互いに合し、 妊娠することができる』
 
というものがあります。
 
 
ざっくり言うと
 
ある一定の年になると体の中で腎氣(じんき)という元々ある元氣の源が盛んになる。
その腎氣が満ちると天癸(てんき)と言うものが発生して女子は月経が起こる。
天癸が作用して任脈(にんみゃく)と衝脈(しょうみゃく)という道が開通する。
その道がしっかりと通じていれば男子の精子と混ざることで妊娠する。
 
という事です。 
 
 
この事から東洋医学的な妊娠の条件とは
①腎氣がしっかりしていること。
②任脈・太衝脈の流れがスムーズであること。
 
この2点が大きいと考えられるんです。
 
勿論、この2点の問題以外も様々あり、細かく見ていかないといけないのですが、それはまた別の機会にします。
 
 
では腎氣とはなんでしょうか。
 
まず腎とは西洋医学で言う腎臓と副腎の機能をあわせ持った臓腑、システムと考える事ができます。
 
いくつかある働きの中で腎は成長、老化、生殖に深く関わるシステムです。
 
腎には腎陰と腎陽と言われる2つの精があります。この精が相互の作用で動き出したものを腎氣と呼びます。
 
腎氣は命門と呼ばれるツボから出て、臍下にある丹田と言う場所に送られます。
 
そこから三焦というルートによって全身に運ばれていきます。 
三焦のルートが閉じてしまっていればまたエネルギーが回らなく、妊娠に至らないと考えられます。
 
腎中の精気(エネルギーの塊のようなもの)の状態は精を溜め込んでいる腎の調子に依存しているんです。
 
その為、もし腎の機能、システムに異常があれば、天癸の化生がうまくできなく、女性の不妊症や男性の生殖不能が起こってしまうと言われています。
 
 
 
では任脈とは?
 
任脈は体の前の中心線を通る経絡で、胞宮(子宮・膀胱腑)から始まります。
 t02200311_0800113012086489607.jpg
任脈の「任」は任されるの意味です。
妊娠をつかさどるとも言われます。
 
任脈は胞宮から始まり、「中極穴」の下の「会陰穴」から出ます。
陰毛に沿って上がり、「関元穴」に出てそのまま上行します。喉に沿って下顎に入ります。その後二手に分かれ、目に入ります。
 
任脈は胞宮から起こるので、胎児をつかさどる働き、妊娠に係わる働きを司っています。
月経、懐胎、出産の調節の機能を持っているので「任は胞胎を主る」とも言われています。
 
そして、すべての精・血・津・液を司っていることから「陰脈の海」とも呼ばれているんです。
 
任脈のシステムが失調すると婦人科の疾患、白帯、生理不順、不妊、遺精、膣口の痛みなどが起きます。また、疝気や排尿障害、遺尿や遺精などが発生します。
 
 
 
続いて衝脈。t02200311_0800113012086489609.jpg
 
衝脈も胞宮から始まります。
 
衝脉は氣血の蓄積と調整機能を持ち、臓腑の血は全て衝脉に帰ってきます。
その為、「衝脉は血海である」と言われています。
 
この事から乳汁の分泌と生理の発生に直接関与しています。
 
衝脉は腎氣によって温められ、脾胃によって大きく養われ、肝血によって調節され、任脉の助けを受けることによってその機能を発揮します。
 
太衝の脉が盛んであれば生理が順調におこると言われています。
月経が正常に起こる為には腎、脾、胃、肝の働きも大切だという事になりますね。
不妊や生理不順は衝脉の病であるとも言われています。
 
 
 
 
そして最後に付け加えるのが督脈t02200311_0800113012086489606.jpg
 
督脈は背中の中心を流れていく経絡です。
陽脈の海とも言われています。
 
督脈の督は、監督の意味です。
陽経の脈気全てを督脈が統率します。
 
督脈にはメインのライン他にも3つのラインが存在します。
 
 
メインのラインは下腹の内腔から始まります。
会陰部に出た後、脊柱の内部を上行し、後頭部に達すると風府から脳内に入ります。脳と連絡をした後に、頭頂に上がり顔の中心線に沿って下行します。上唇の中の上歯ぐきにある齦交に至って止まります。
 
 
支脈は3本。
 
1本目は下腹部の恥骨中央から始まります。
女性は廷孔(膣口)に繋がって入ります。
そこから分かれた絡脈は外陰部をめぐり、会陰で合流し、肛門の後を通ります。
尾骨先端の「長強穴」で足少陰腎経、大腿内側で主幹と足太陽膀胱経と合流して、共に脊柱内を貫通し、腎に出て属します。
 
2本目は下腹内腔から発生し、上に昇り臍を貫通し、心を貫き、喉に達して、任脈と衝脈に合流します。下顎に上がり、唇をまわって、両目の下に繋がります。
 
最後の3本目は、足太陽膀胱経と同様に目頭から発生します。
前頭葉を上り、頭頂で交わります。
その後、脳に入って絡まります。後頭部まで走行し、脊柱起立筋を通って、腎と連絡します。
 

 
任脈・衝脈・督脈はいずれも胞中から始まる経絡であるので、任・衝・督は「一源三岐」と言われます。
 
一源=胞宮(子宮)、三岐=3つの経絡で。胞宮に3つの経絡(任脈・衝脈・督脈)が流れ込み、生殖機能を支えるエネルギーとなると考えられています。
走行的にも非常に婦人科に関係の深さが分かる経絡になりますね。

このシステムを正常にしていく事で東洋医学では妊娠に至ると言うことになります。
 
このシステムの何処かでトラブルが起こっている為に妊娠に至らないと考えられるんですね。


経絡、臓腑の働きをスムーズにすることが妊娠には大切という事になります。



1

« 内臓下垂と骨盤 | メインページ | アーカイブ | 夫婦生活のタイミング »

このページのトップへ