医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png




 妊活をするなら登録必須

メルマガ登録サイドパーツ230.png


・どのように妊活を
   始めるべきか
・正しい病院の選び方は?
・不妊治療でやるべき事、
   やってはいけない事
・体質改善のポイントは?

  知りたい情報満載!!




セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > インスリン抵抗性と多嚢胞性卵巣

院長のひとり言

< 着床の窓について  |  一覧へ戻る  |  LHと卵子の質 >

インスリン抵抗性と多嚢胞性卵巣

インスリン抵抗性と多嚢胞性卵巣



妊活をしているならインスリン抵抗性と多嚢胞性卵巣の関係性について、抑えておいてもらいたいと思います。

生殖年齢女性の6〜10%に多嚢胞性卵巣症候群が認められると報告されており、決してまれな疾患ではないんですよね。

多嚢胞性卵巣の判断基準としては

1.月経異常。
2.多嚢胞性卵巣の超音波所見。
3.血中男性ホルモン高値、またはLH基礎値高値でFSH基礎値正常。

この3つになります。

で、今回は3の部分に関わるインスリン抵抗性と多嚢胞性卵巣の関連をお伝えします。

まず、インスリンは血糖値の調整をしているホルモンになります。

血糖値は通常、インスリンの作用によってある程度一定の範囲に調整され、維持されているんです。

血糖値の濃度が高くなると膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げるように作用します。

逆に血糖値の濃度が低くなるとアドレナリン、ノルアドレナリンと言われるホルモンが分泌されて血糖値を上げるように働きかけます。

このように体は様々なホルモンを駆使して常に血糖値をある一定の値に保とうとしているんです。

しかし、血糖値を急激に上げるチョコレートやケーキ、アイスクリームなどの砂糖食品やパン、パスタなどの小麦、糖質が高いものばかり食べていると、血糖値が上がりっぱなしの為、インスリンは常に分泌され続けてしまいます。

インスリンを分泌し続けていれば、やがて膵臓が疲弊してしまい、血糖調節がうまくいかなくなってしまうんです。

最終的にはインスリンを分泌しても血糖値を下げられず、さらに膵臓が分泌を続けると、インスリンの効きが悪くなる状態を引き起こしてしまいます。

これをインスリン抵抗性と呼んでいます。

では妊活においてこれの何が問題なのか。

インスリン抵抗性があると高インスリン血症というものを引き起こしてしまい、実は男性ホルモン作用が強く現れる事につながるんです。

卵巣内の男性ホルモンが過剰になってしまう事によって嚢胞性卵巣の諸症状をもたらし、内分泌に異常を起こした結果が排卵障害という事です。

高インスリン血症はIGF-1というものを介してLH(黄体形成ホルモン)の感受性を高めるため、多嚢胞性卵巣のようにLHレベルの高い方の場合にLHが本来持っている男性ホルモンの産生亢進作用がより強く出てしまうんです。

卵巣内の男性ホルモン濃度の上昇は卵胞の発育抑制や卵子の質の低下につながる可能性があるんです。

この事からわかるのが、糖質摂取を見直す事も妊活の1つだと言う事。

普段から甘いものを食べる習慣やコンビニなどで菓子パンや調理パン、パスタを買っている人は要注意ですよ。

インスリン抵抗性、多嚢胞性卵巣って生活習慣の長年の蓄積ですから、しっかりと見直しを図って体質改善を進めて下さいね。

参考になれば嬉しいです。




iPhoneから送信


< 着床の窓について  |  一覧へ戻る  |  LHと卵子の質 >

このページのトップへ