体に合わせた
鍼灸施術


各メニューを
クリックして下さい

子宝230.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

一般鍼灸230.png

美容鍼灸230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言 > 陰陽の食材 >

院長のひとり言

< コラム 妊活 〜自律神経と便秘の関係性〜  |  一覧へ戻る  |  テスト投稿 >

コラム 食と陰陽
 
 
体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
 
本日のお話は『食と陰陽』
 
 
食とは人を良くすると、書きます。
 
人が良くなる=細胞が良くなる。
 
細胞の質の向上は食の向上から!
 
 
 
食の改善、まずは食に関係した体の働きを陰陽論からみていきたいと思います。
 
 
陰陽論では陰は拡散、陽は収縮の性質があるとしています。
 
 
物を食べれば消化がはじまりますが、これは食物の分解作用ですから拡散的な陰の働きと言えます。
 
 
陰が強く働くときは副交感神経が優位に働いている時、つまりリラックスしている時なんです。
 
 
家にいてゆっくりしている時にお腹が減りますよね。
 
 
これは副交感神経が優位になり、陰の働きが強くなった事で食を欲している証拠です。
 
 
そして、食事を取った後で消化された事で生まれた栄養素は血液によってからだの隅々に運ばれ、さまざまな細胞組織がつくられます。
 
 
この作用は収縮性の陽の働き。
 
 
食べた後にすぐ横になったり、寝てしまうと太るといわれるのはリラックスし過ぎる事で陽が働きににくい状態をつくってしまい、収縮する陽の働きが弱くなってしまったという事。
 
 
つまり、栄養が隅々まで届かなくて一部分に停滞してしまったからと言えるかもしれません。
 
 
この事から食べた後はちょっとゆっくりなんて考えてゴロンと横になるのではなく、すぐに食器を洗ったりして動いてあげるのがいいんですよ!
 
 
体の組織は常に新陳代謝(古いものを新しいものと置き換える作用)のためのエネルギーを食物の摂取に求め、食べる、消化する、新しい組織をつくるという陰陽の循環が繰り返されます。
 
 
ただし、細胞組織は同じように見えてもそこでは常に新陳代謝がおこなわれているわけですから同じものなど一つもありません。
 
 
よく変わらないねって言われる言葉。
 
変わってない事はなく実は体は常に変わっているんですよ!
 
 
 
では食を素材から陰陽に分けて考えてみましょう。
 
 
 
コラム 食と陰陽(1).png
 
上記の図が陰陽特性で分けたものです。
 
 
では具体的に食材を陰陽で分類した図が下記です。
 
 コラム 食と陰陽.png


 
陰陽の他に五行といわれる肝心脾肺腎でも陰よりの食材、陽よりの食材があります。
 
 
陰の食材でも味付けなど陽よりにしたり、火を入れたりする事で陽の作用が出て来たりします。
 
 
組み合わせでも陰陽のバランスがとれますよ。
 
 
例えばなすは陰性の強い食べ物、陽性の強い味噌と組み合わせて、なす味噌炒めにするとバランスのよい組み合わせですね。
 
 
トマトも陰性の強い食材ですから陽性の塩をかけると陰陽のバランスのよい食べ方になります。
 
 
 
ちょっとした工夫で陰陽のバランスをとって体質改善に役立てて下さい。
 
 
食とは人を良くすると、書きます。
 
細胞の質の向上は食の向上から!
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
                                                                                                      
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      

 
 
 
 
 

カテゴリ:

< コラム 妊活 〜自律神経と便秘の関係性〜  |  一覧へ戻る  |  テスト投稿 >

同じカテゴリの記事

体を温める食べ物、冷やす食べ物

体質にあった食生活をおくってますか?

すべての体の不調はオ血から始まりオ血に終わる。
冷えは万病のもとですが根本にあるのは血液障害、オ血なんですね。

オ血になると皮膚に透明感が無くなりシミが増えたりし、さらに悪い方向に進んでいくと生活習慣病の原因ともなります。


そこで大切なのが食事。
人間は食が基本ですからね!

お肌から内臓まで全身に酸素や栄養を回す為にオ血を改善し、体を温める食材を積極的に取る事がカギとなります。

でも体を温める食事って何?

野菜も果物も昼夜問わずバランスよく食べてるし、仕事が終わった後や風呂上りのビールは少し飲むけど、そんなに冷たいものは取ってないよ。

外食の時だって必ず生野菜サラダをオーダーするし。

温かい食事をすればいいんじゃないの?

なんて声が聞こえてきそうですね。



食材にも陰陽があるって知ってましたか?


体のためと思って頑張って野菜も果物も食べているけど、その食べ方、体を冷やしてませんか?

せっかく食べるなら、体にいい食べ方をしてみましょう。



そこで簡単にわかる体を温める食材・体を冷やす食材の見分け方。

陰性の食べ物 条件 陽性の食べ物
暑い地域でよく育つ食べ物 環境 寒い地域でよく育つ食べ物
穀類や野菜の形は細長い方が陰性 穀類や野菜の形は丸い方が陽性
白や緑はより陰性、
紫はとても陰性
野菜の色 オレンジ色や黄色のものが
より陽性
大きいほうが陰性 野菜の
大きさ
小さいほうが陽性
水分の多いもの 堅さ
(水分)
水分の少ないもの
甘味の強いもの、酸っぱいもの、辛いもの 苦いもの、塩からいもの
カリウム(ものを拡張させる働きがある)が多いもの 成分 ナトリウム=塩分(ものを収縮させる働きがある)が多いもの
短時間で料理したものはより陰性
圧力をかけないものはより陰性
加工法
調理法
日に干したものはそうでないものより陽性
長時間熱を加えたものはより陽性
圧力をかけたものはより陽性
 


もっとわかり安くいうと、土の上にできるものは陰性、土の下のものは陽性です。
旬のものを考えるとわかりやすいですね。

夏はみずみずしい土の上の野菜で体を冷やし、冬は土の下の根菜で体を温める。
夏に生野菜で食べることが多く、冬は鍋物に適した食材が多いんですよ!

そして最後に僕から一番のオ血解消食材を発表します。


それは「芋がら」です。

「ずいき」とも言われる八ツ頭や唐の芋、赤芽芋などの里芋の葉柄部分です。

これがオ血解消にとても良いんです。


スーパーの乾物コーナーに置いてありますのでぜひ食べて下さい。
お味噌汁に入れたり、煮物に使ったり、毎日5㎝ぐらい食べてもらえばOK!!



今日から食事を一工夫してオ血を解消。
美肌、美白のエイジングケアであなたのキレイを目指しましょう。

このページのトップへ