医療連携パートナー
美人化計画.png



 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、最短最速で妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 他院との違いは何?

他院との違いは何?



鍼灸サロンTirta 7つの特徴

~不妊の原因を根本からのアプローチで
妊孕性を取り戻す~

 
「鍼でこんなに早く生理周期が整うならもっと早くやっておけばよかった!」
 
「病院の先生にはなかなか質問できなかった事も、先生に話を聞いてもらえて不妊治療の受け方がわかった」
 
「子宮は温めてはいけなかったんですね。卵質改善鍼灸や妊活メソッドで、自分にあった妊活で自然妊娠できてうれしい」
 
「妊活のイメージ、やり方が180°変わった!!正しい妊活を知ることがスタートだったと今ならわかります」
 
「講座を受けて、正しい妊活って何かがわかり、妊活が楽しくできるようになった。卵質改善鍼灸を受けながら調子を整えていたので思ったよりも楽に妊活が進んだ気がする」
 
 
など鍼灸サロンTirtaで卵質改善鍼灸、妊活学講座を受けた体験者様から喜びの声を頂いております。

 
その前に知って欲しい重要な事。
 
それは、不妊は病気ではないという事。
 
この事にいち早く気づいて、正しい妊活をできるかが分かれ道になってきます。
 
 

鍼灸サロンTirtaの特徴と講座の重要性

 
当院では、生理不順の改善、PMSの改善などもちろん結果を出していきますが、同時に不妊の根本的な原因となっている体の妊孕性の低下を改善して為の鍼灸治療、妊活学講座を行っています。
 
細胞の原点である「卵子」。
 
そこから卵質改善鍼灸、妊活学講座の理論は組み立てられています。
 「卵子の質の向上」は当然のこと、「胎児となる卵子を体の中でどのように育(はぐ)くめばよいのか?」についても深く切り込んですすめていく為、「流産率」が極端に低くなります。 妊娠するための3大関門「受精」「着床」「着床の継続」、それを網羅しているのが鍼灸サロンTirta の妊活メソッドです。
 
病院で行われている、一般不妊治療、高度生殖補助医療だけでは、どうしても受精や着床ができなかったり、流産を繰り返してしまいます。
 
それは、あなたの不妊は病気ではなく、体の不調が根本的な原因であり、不妊治療では改善しないことがとっても多いから。
 
ですので、カウンセリングや鍼灸治療、妊活学講座を通して、あなたに合った妊活、体のケアをしていきます。
 

卵質改善鍼灸 7つの特徴 ~不妊の原因を根本からのアプローチで妊孕性を取り戻す~

 

    特徴1.カウンセリングからあなたに合わせた妊活の為の通院プランを提案する

    特徴2.妊活学講座で正しい妊活・不妊治療の知識、妊活実践法がわかる

    特徴3.妊活リフレをセルフケアで取り入れることで毎日、体が変わる

    特徴4.生理周期、排卵周期に合わせたホルモン調整

    特徴5.自律神経・免疫のバランスを整え、妊孕性を高める

    特徴6. 徹底的なデトックスで質のよい卵子を育てやすくする

  特徴7. 骨盤内血流の改善で卵巣機能の改善


特徴1. カウンセリングからあなたに合わせた妊活の為の通院プランを提案する


特徴1.png不妊治療は長くなれば長い程、体質改善に時間がかかります。

「結婚した当時は、まだまだ子供のことを考えておらず、できればよいかという考えでした」
 

「結婚した年はまったく妊娠しませんでした。2年目も妊娠しませんでした。3年、4年と時間が経つにつれて、周りの妊娠、出産報告に敏感になってきました」


「自分は女として生まれたがどこかに不具合、不良があるのでは。

どうしたらいい?」
 

「インターネットでたくさん調べました。たくさん。

でも私の答えは見つかりませんでした。」



もし、体質改善に時間を割かずにいると、不妊治療を受けている事が不妊度がアップしてしまう事も。

その為、自然妊娠を希望している、不妊治療を行っているに関わらず、まずは7~8ヵ月ほど通って頂きたいと思います。

当院に通われている方の妊娠に至るまでの期間は数ヶ月~2年以上と不妊の原因、今までの生活習慣やそれに伴う体質、年齢によっても個人差はがあり、様々です。

当院の傾向的に、6ヶ月~7ヵ月程度の間に結果が出る方も多いですが、1年以上体質改善に時間がかかる方も少なくありません。
勿論、早い方では3ヵ月以内で妊娠される方も多くいらっしゃいます。

この期間の差は、卵質なのか、着床なのかの原因によって大きく変わります。

妊娠しやすい質の良い卵子が育つには、体質改善をはじめてから8ヵ月以
かかると考えています。

その為、3~4ヵ月で不妊鍼灸(卵質改善鍼灸)を止めてしまうと、この大事な成長期間の途中で身体づくりを止めてしまう事になり、
とてももったいないことになってしまいます。
 
この期間の効果が出始める半年~8ヵ月は続けての不妊鍼灸(卵質改善鍼灸)をお勧めしております。

詳しくは通院プランもご覧ください。


特徴2. 妊活学講座で正しい妊活・不妊治療の知識、妊活実践法がわかる


病院の検査や治療で解決できていない問題、ネットを調べて自己流でトライしたけどまだ妊娠できなくて困っている、
その答えを探しまわって迷子になっている方は、ぜひ妊活学講座を受けてみて下さい。
 
10000人以上が読んだ「妊活に不妊治療はいらない」の著者、コウ先生のメソッドを基に特徴2.png
妊活先生の認定指導者があなたに必要な妊活をアドバイス。
 
「正しい妊活ってほんとうに存在するの?」

不妊治療や妊活商品に騙されるたびに傷つくのはもう嫌。」

「これ以上時間を無駄にしたくない。これ以上卵子を老化させたくない。」
 
「正しい妊活なんて、やっぱり存在しないのでは?」と、疑いたくもなるかもしれません。

あなたの妊活が正しく進んでこなかったのには理由があるからです。

・この病院にさえ通えば、、、
・この先生にさえついていけば、、、
・少しずつステップアップしていけば、、、
・このサプリメントさえ飲めば、、、
・この施術さえ受ければ、、、
・このお茶さえ飲めば、、、

正直、世間一般で言われている妊活を続ける限り、あなたの体が劇的に妊娠体質に近づくことはないでしょう。
 
今しているのは「本当の妊活」ですか?
 
正直、世間一般で言われている妊活を続ける限り、あなたの体が劇的に妊娠体質に近づくことはありません。
 
それは、誰も「妊活の本質」を知らないからです。
 
「不妊ってなんなの?」

不妊治療を繰り返してきたけど、結果が出ないのはなぜ?」

「どうして、私だけ??」

「今年中に妊娠したいんだけど不安、、、」
 
自分自身を否定し続けた時もあったけど
女に生まれてきて産めないってどういうことって
自分や周りを責めたこともあったけど
でも、そうじゃない、、、
 
本音は、

「未来の私を応援したい!」

「子供と未来について語り合いたい!」

どんなに妊活に疲れていても、その思いが強いのではないでしょうか?
 
その感情は、絶対に間違っていないし、ぜひ、今後も持ち続けてほしい。

だって、妊娠は本来決して難しいものではないからです。
 
愛する人が隣りにいる。
その人との子供が隣りにいる。

そんな未来への鍵を、妊活学講座を通して手に入れください。
 
誰か特別な人だけが手に入れられる未来じゃない、それはごく普通の状況だから。
 
それを実現するための知識とノウハウなら妊活先生のメソッドにすべて揃っています。


特徴3. 妊活リフレをセルフケアで取り入れることで毎日、体が変わる


「いつも旦那とのすれ違い・・・」

「通院は私だけ、痛い注射もわたしだけ・・・」
 

「毎月来るリセット、妊娠しないストレスと吞気な旦那の一言・・・」

 

いつまでたっても通り抜けられない暗いトンネル…

出口はあるのか、引き返すのも遠い…。

ひとりで妊活をしていませんか?

なかよしをするタイミングで、もし旦那さんの精子が元気がなく、量も少なければどうなるでしょう?
旦那さんの精子は絶対に元気で量が多く、精子運動性の高い、本当に質の良い精子だと言い切れますか?

鍼灸師として長年施術してきた成果の高い、理論と技術を自宅で実践できるようにリフレとして講座化、妊娠のさらなる加速を実現。

 

特徴4. 生理周期、排卵周期に合わせたホルモン調整


女性の身体を健やかに保ち、妊娠に欠かせないもの、それは「女性ホルモン」の働き。
 
特に女性の妊娠の働きに大きく関わっているのは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモン。
これらのホルモンバランスの働きが、月経周期、卵子の発育、排卵に大きな影響を与えています。
 
また、女性ホルモンの分泌量をつかさどっているのは、脳の視床下部と脳下垂体というところです。
 
この脳下垂体はストレス・不規則な生活・睡眠不足といったちょっとしたことでもバランスが乱れてしまいます。
 
特に視床下部は、血流、血圧、心拍、発汗、体温などに関わる自律神経や内分泌系、
免疫系、感情などもコントロールする働きをしています。
 
不妊症の方の多くは卵巣機能が低下し、女性ホルモンが減少しています。
 
その状態だと脳は女性ホルモンをなんとかして回復させようと頑張ってしまうのです。
視床下部から脳下垂体、卵巣という流れで、「もっとホルモンを出せ!」と命令を出します。
しかし、不妊症の状態の方の卵巣は、その指令に答えることができないので、脳は混乱し、暴走をはじめてしまいます。
 
卵質改善鍼灸ではこの脳へのアプローチをしていく事で妊娠に必要なホルモンバランスの調整を大元から整えていきます。
 
また、生理周期によっても女性ホルモンの分泌は変化しており、役割や目的も違います。
 
不妊症の方は周期に合わせたホルモンの調整もできておらず、生理周期も安定していません。
 
卵質改善鍼灸はそれぞれの月経周期に合わせた鍼灸治療により、妊孕性を高める事ができるんです。
 

【月経周期と治療内容・目的】

月経期(1~5日)
子宮内膜が剥がれ月経血として体外に排出される時期。
スムーズに月経血を排出するために、気と血の流れを良くする(行気活血)鍼灸治療を行います。
 
卵胞期(6~13日)
子宮内膜が再生・増殖し、卵胞が成熟する時期。
子宮内膜・卵胞の成熟を促すための基礎である血を養う(養血)鍼灸治療を行います。
 
排卵期(14日)
卵巣内の成熟した卵胞から卵子を排卵し、黄体形成を行い低温期から高温期へ移行する時期。
受精・着床しやすい環境を整えることが重要であるため、気や血を補い(補気養血)、子宮内膜の肥厚を促す鍼灸治療を行います。また、排卵が遅れる場合は、排卵を誘発するために行気活血を行います。
 
黄体期(D15~28)
子宮内膜が肥厚し、受精卵が着床・発育しやすい環境を整える時期。
着床を強固にし受精卵を養うために補気養血の鍼灸治療を行います。
 
 
 
 
 
 

特徴5. 自律神経・免疫のバランスを整え、妊孕性を高める

 
卵質改善鍼灸は不妊症の人に多い、交感神経が優位な状態を改善していきます。
 
不妊症の方は過度のストレスが交感神経を優位にしてしまい、アドレナリンの分泌を過剰にしてしまっています。
このことで、細胞組織の破壊や血管の収縮を招き、血流を悪くしてしまっています。
 
交感神経が優位な状態をもたらす一番の原因はストレスです。
「働き過ぎ」「悩み過ぎ」「薬の飲み過ぎ」「不妊治療の受け過ぎ」などで心と体にストレスがかかると自律神経が乱れて免疫力を低下させ、妊孕性が低下して妊娠しにくくなるのです。
 
卵質改善鍼灸は不妊症の方特有のストレス神経(交感神経)をゆるめ、リラックス神経(副交感神経)を高める効果があります。
 
体の緊張をゆるめ、施術箇所周辺の毛細血管を拡張し、新陳代謝を高める効果もあります。
 
その結果、たまっていた老廃物が流されて、卵子に必要な栄養やホルモンが行きわたりやすくなり、妊孕性を高めてくれます。
 
卵質改善鍼灸で使う刺さない鍼(てい鍼)で鍼灸で体の表面を刺激すると、内臓にも影響をあたえ、その機能を改善させる効果もあります。
 
卵質改善鍼灸はそれぞれの人が持つ自然治癒力を引き出し、免疫力を高め、本来持っている妊孕性を改善する治療法なのです。
 
 

実は不妊鍼灸が密かに人気の秘結は高い安全性と持続性の高さ

鍼灸がここまで妊活に人気になった理由のひとつに安全性の高さがあります。

鍼は、WHO(世界保健機構)でも認められているほど安全性が高く、鍼灸治療はリスクや副作用の少ない、
妊孕性を高め、卵質改善の手段になります。

「でも、鍼ってなんだか怖い」と思われる方もいるかもしれません。
大丈夫、ご安心ください。鍼治療に用いる鍼の直径はわずか0,16mm前後。
髪の毛とほぼ同じくらいの細さになります。
しかも、先端はその1/10の細さしかありません。
これだけ細い鍼をもちいるので、痛みはほとんどないのです。
 
卵質改善鍼灸は、体の根本的な改善の為に全身のツボや筋肉を直接刺激するため、速効性があるだけでなく、
人が本来持っている自然治癒力を活かし、妊孕性を高めていくんです。

そのため、効果が持続する点も大きな魅力となり、高い人気につながっているのです。
 

WHO適応症  鍼灸の適応疾患リスト (WHO草案・1996年)

運動器系疾患 上顆炎(テニス肘)、頚部筋筋膜症、頚椎炎、肩関節周囲炎、慢性関節リウマチ、捻挫と打撲、変形性膝関節症
消化器・呼吸器系疾患 胆石、胆道回虫症、胆道ジスキネジー、下痢・便秘、潰瘍性腸症群、急性扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、慢性副鼻腔炎、気管支喘息
疼痛疾患 頭痛、片頭痛、緊張型頭痛、坐骨神経痛、扁桃腺摘出術後疼痛、抜歯疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛、腎性疼痛、胆道仙痛、
循環器系疾患 挟心症を伴う虚血性心疾患、高血圧症、
低血圧症、不整脈、神経循環性無力症
泌尿・産婦人科系疾病 月経困難症、分娩誘導、月経異常、ED、女性不妊、男性不妊、
遺尿症、尿失禁、尿閉
     

特徴6. 徹底的なデトックスで質のよい卵子を育てやすくする


現代人は様々な形で毒素と有毒な代謝副産物を摂取しています。

体内の毒素を取り除き、妊娠しやすい体作り、卵子の質を高める為にも
デトックス(解毒)は非常に重要な要素を占めています。

けれど、体内の毒素を排出することを謳い、さまざまな「デトックス」プログラムに世の中は溢れています。
ものによっては効果があるどころか健康を害するリスクが高いものが少なくないんです。

デトックス(解毒)の過程に鍼灸治療を使用する大きな利点は、関係ない外部の化学物質がない事です。
鍼灸治療による経穴の刺激は、身体の組織内で蓄積された有害物質を除去する為に自身の力を使用しています。

また、卵管結紮や精管切除を受けた方もデトックス(解毒)が必要となります。
体内で生産される卵子、又は放出される精子はどこにも行く場所がなく、
最終的に壊死組織として体内に吸収される。
この慢性的や進行中の炎症過程は全身の解毒が必要となるかもしれず、有害な代謝副産物の蓄積を引き起こすかもしれないんです。



特徴7. 骨盤内血流の改善で卵巣機能の改善


骨盤内の血流改善は妊娠にとても重要な項目の1つです。

骨盤内の血流は非常に滞りやすく、不妊症だけでなく、様々な婦人科の症状を引き起こしている可能性があります。
 
一般的な症候としても月経痛、月経中の血液凝固、疲労感、子宮内膜症、チョコレート嚢胞、子宮筋腫、卵巣嚢腫、骨盤腔の疾患などです。
 
女性はストレスによって腹部の血液の鬱滞を引き起こす事もおおいんです。
 
胸が張る、眠くなる、にきび・吹き出物・肌荒れが起こる、だるい、食欲が増す、便秘、肩こり頭痛、にきび・吹き出物・肌荒れなど

イライラする、感情の起伏が激しくなる、気分が落ち込む、集中力低下、無気力感など
 
 

実は婦人科と骨盤内の血流、そして腸の病因の間には多くのクロスオーバーがあるんです。

黄体ホルモン(プロジェステロン)は結果的に過敏性大腸症候群(IBS)を悪化させている腸の平滑筋を弛緩させる。
それはまた、子宮内膜症とも共存する。更に子宮内膜症は蠕動運動に関わっている腸壁を覆ってしまう
 
骨盤内の血流の悪さはエストロゲン/プロゲステロンのアンバランスの結果起こったり、又は骨盤内の血流の悪さがエストロゲン/プロゲステロンのアンバランスを引き起こしているんです。




このページのトップへ