logo-1.png




  
  医療連携パートナー
美人化計画.png



ご相談頂く症状

不妊症、婦人科疾患
マタニティ
  • むくみ
  • 妊娠中の腰痛
  • 逆子
  • つわり
産後
  • 母乳異常
  • 腱鞘炎
  • 産後の腰痛
一般疾患
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 腰痛
  • ヘルニア
  • 手足のしびれ
  • 冷え
美容
  •  毛穴
  •  くまシミ
  •  くすみ
  •  しわたるみ
  •  目元
  •  むくみ
  •  ニキビ
 悩みに合わせた専門施術
    詳細はメニューをクリック

230卵質向上鍼灸.png

230妊活講座.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

230難治症鍼灸.png

美容鍼灸230.png



1から始める妊活、最短最速で妊娠体質になる為の準備
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > ご相談頂く症状 > 早発卵巣機能不全

ご相談頂く症状

< 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)  |  一覧へ戻る  |  原因不明不妊 >

早発卵巣機能不全


早発卵巣機能不全でお困りの方

早発卵巣不全…40歳未満で卵巣機能が低下し、無月経となった状態。内分泌的にはFSHが高値、エストロゲン低値となる。

なぜ早期卵巣機能不全は起こるのか?

不妊治療は長く続ければ結果がついてくるというものではありません。
 
その理由の1つが卵巣機能の低下。
 
卵巣機能に問題がある場合、排卵誘発剤で刺激すればするほど質のよくない卵子が育ってくるケースがあるんです。
 
基本的に不妊治療では完全自然周期法以外、排卵誘発剤を使う刺激療法で複数の卵胞を育てます。
 
これは低刺激、高刺激に関わらず同じです。
 
けれど、卵巣年齢やホルモンの数値によっては排卵誘発剤を使用しても卵胞が育たないことがあります。
 
卵胞が育たない→排卵誘発剤で刺激→卵巣が腫れる→卵胞が育たない
 
まさに負のループ。
 
これは体外受精に限らず、不妊治療中によくある悩みですよね。
 
採卵のために排卵誘発剤を使っているのに、それが原因で卵巣が腫れてしまったりして治療が進まずに焦ってしまいますよね。
 
実際、誘発剤を使う刺激療法は卵巣への負担が大きいんです。
 
卵巣が腫れると下腹部が痛くなったり、最悪の場合、治療自体がストップになることもあります。
 
卵巣機能が低下してしまう原因には先天性の染色体異常、甲状腺などの自己免疫疾患、抗がん剤などの化学療法の影響、視床下部・下垂体の機能異常などがあり、実は原因は様々なんです。
 
多くの場合は視床下部や下垂体の機能異常が原因とも言われています。
 
実際、視床下部や下垂体は身体に受けたストレスの影響を受けやすい部分なんです。
 
その為、食生活の乱れや睡眠不足、過労、運動不足、無理なダイエットなどがストレスとなって視床下部や下垂体の機能異常を起こしてしまうんです。
 
ではこの機能異常を整え、女性ホルモンのバランスを整えるためにはどうすればよいのでしょうか。
 
勿論、規則正しい生活を送るのは前提として、実は脳への刺激が重要であると言われています。
 
規則正しい生活とは栄養、睡眠、運動、休養をバランスよくする事ですよね。
 
そして脳の刺激となる事は楽しみをたくさん見つけて活動的に過ごすこと。
 
趣味を見つけて没頭する事も体質改善の1つになるんです。
 
また、子作り前提のタイミングではなく、パートナーと刺激的なセックスをする事も良いと言われていますよ
 
楽しみや幸せ、快感が性欲などの本能をつかさどる脳の視床下部を刺激し、女性ホルモンの分泌が促されるという仕組みです。
 
日常的に男性の体臭に触れる機会が多い女性は、血中の女性ホルモンの濃度が高いという研究結果もあり、セックスと女性ホルモンの関係は注目されていたりもするんですよ
 
子作りの意識が強すぎるタイミング、愛情のないセックスはそれ自体が大きなストレスになり、ホルモンバランスを乱す結果になりかねません。
 
長引く不妊治療は心も体も疲労してしまいます。
 
卵巣機能が低下しているかもしれないなら体質改善は勿論、脳のリフレッシュも考えていって下さいね。
 
不良姿勢が続いていると、姿勢のクセで皮膚が歪み、順に筋肉、骨格と歪みの連鎖が続いてしまい、結果的に慢性化していってしまいます。
 
また、その根本にあるのが自律神経のアンバランスによるものです。
 
自律神経には交感神経、副交感神経と2つの神経があり、脳では仕事のときなどオンモードで緊張を高める交感神経とオフモードでリラックスして眠気や消化を助ける副交感神経がバランスよく機能しています。
 
しかし、長時間のデスクワークやストレス、そこから来る不眠などによって交感神経が過剰に働いてしまうと常に肩や首の筋肉が緊張状態のオンモードになり、肩こりになってしまうのです。
 

施術の流れ

DSC00283.jpgのサムネイル画像【1】 

問診から始めます。

現在お悩みの症状、今までの既往歴、病院での治療内容など細かくお聞きしていきます。

 









DSC00309.jpg【2】 鍼灸治療はうつぶせから始めます。

始めに皮膚の歪み、骨格の歪みをチェックし、その状態に合わせててい鍼(刺さない鍼)を使い調整していきます。

その後で、背中、骨盤周囲の鍼を行います。







DSC00287.jpg【3】 

背部の治療が終わったら仰向けになって頂きます。

刺さない鍼(陰陽てい鍼)を使い、体の状態をフラットにする為に足、お腹、鼠径部、顔回りの骨格を調整していきます。











DSC00290.jpg【4】 

皮膚の歪み、骨格の歪みが整い、ある程度体が真っ直ぐに整った所で腹診(お腹の東洋医学的診断、内臓の反射をチェックしていきます)を行っていきます。







DSC00299.jpg【5】 

続いて脈診を行います。

脈を診ることで全身の経絡の状態を把握していきます。

脈の状態は生理周期によっても変わりますし、妊娠に適した脈状もあります。




DSC00296.jpgのサムネイル画像【6】 

腹診、脈診から得た情報をもとに腹部、鼠径部、手足に鍼を刺していきます。










DSC00302.jpg【7】 

ホルモンバランス、自律神経の調整の為に顔にも鍼をしていきます。









以上が鍼灸サロンTirtaの治療の流れですが、
 
全身の皮膚の歪み、骨格の歪みを整え、内臓のバランスや自律神経のバランスを整えることは非常に重要で、あなたの悩みの根源を絶つ治療を行っていきます。
 
さらに、それぞれの方にあった効果的な部分治療を行います。
 
刺激量は、あなたの体調や体質により、何段階にも調節して行います。
 
適切な鍼の刺激を行うことで、体の緊張は解け、皮膚や筋肉、内臓は回復してきて、治りやすい体になってきます。
 
そして、あなたの肩こりは改善してくるのです。
けっして部分的な治療ではなく、体全体を診ていきます。

< 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)  |  一覧へ戻る  |  原因不明不妊 >

このページのトップへ