体に合わせた
鍼灸施術


各メニューを
クリックして下さい

子宝230.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

一般鍼灸230.png

美容鍼灸230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 院長のひとり言

院長のひとり言

コラム 食と陰陽
 
 
体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
 
本日のお話は『食と陰陽』
 
 
食とは人を良くすると、書きます。
 
人が良くなる=細胞が良くなる。
 
細胞の質の向上は食の向上から!
 
 
 
食の改善、まずは食に関係した体の働きを陰陽論からみていきたいと思います。
 
 
陰陽論では陰は拡散、陽は収縮の性質があるとしています。
 
 
物を食べれば消化がはじまりますが、これは食物の分解作用ですから拡散的な陰の働きと言えます。
 
 
陰が強く働くときは副交感神経が優位に働いている時、つまりリラックスしている時なんです。
 
 
家にいてゆっくりしている時にお腹が減りますよね。
 
 
これは副交感神経が優位になり、陰の働きが強くなった事で食を欲している証拠です。
 
 
そして、食事を取った後で消化された事で生まれた栄養素は血液によってからだの隅々に運ばれ、さまざまな細胞組織がつくられます。
 
 
この作用は収縮性の陽の働き。
 
 
食べた後にすぐ横になったり、寝てしまうと太るといわれるのはリラックスし過ぎる事で陽が働きににくい状態をつくってしまい、収縮する陽の働きが弱くなってしまったという事。
 
 
つまり、栄養が隅々まで届かなくて一部分に停滞してしまったからと言えるかもしれません。
 
 
この事から食べた後はちょっとゆっくりなんて考えてゴロンと横になるのではなく、すぐに食器を洗ったりして動いてあげるのがいいんですよ!
 
 
体の組織は常に新陳代謝(古いものを新しいものと置き換える作用)のためのエネルギーを食物の摂取に求め、食べる、消化する、新しい組織をつくるという陰陽の循環が繰り返されます。
 
 
ただし、細胞組織は同じように見えてもそこでは常に新陳代謝がおこなわれているわけですから同じものなど一つもありません。
 
 
よく変わらないねって言われる言葉。
 
変わってない事はなく実は体は常に変わっているんですよ!
 
 
 
では食を素材から陰陽に分けて考えてみましょう。
 
 
 
コラム 食と陰陽(1).png
 
上記の図が陰陽特性で分けたものです。
 
 
では具体的に食材を陰陽で分類した図が下記です。
 
 コラム 食と陰陽.png


 
陰陽の他に五行といわれる肝心脾肺腎でも陰よりの食材、陽よりの食材があります。
 
 
陰の食材でも味付けなど陽よりにしたり、火を入れたりする事で陽の作用が出て来たりします。
 
 
組み合わせでも陰陽のバランスがとれますよ。
 
 
例えばなすは陰性の強い食べ物、陽性の強い味噌と組み合わせて、なす味噌炒めにするとバランスのよい組み合わせですね。
 
 
トマトも陰性の強い食材ですから陽性の塩をかけると陰陽のバランスのよい食べ方になります。
 
 
 
ちょっとした工夫で陰陽のバランスをとって体質改善に役立てて下さい。
 
 
食とは人を良くすると、書きます。
 
細胞の質の向上は食の向上から!
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
                                                                                                      
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      

 
 
 
 
 

コラム 妊活 〜自律神経と便秘の関係性〜

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。      
 
 
本日のお話は『自律神経と便秘』
 
 
images17.jpg


妊娠しやすい体質に変えていく事で非常に重要になってくる食。
 
 
人を良くしていくと書いて食です。
 
 
食の改善が細胞の改善につながり、細胞の質の向上は卵子の質の向上となります。
 
 
しかし、良いものを食べてもしっかりと消化・吸収できなくては栄養として最大限に利用できません。
 
 
 
人は食べたもので生きているのではなく、消化し、吸収したもので生きているのですから。
 
 
そこで問題になってくるのが便秘の症状。
 
 
便秘になると言う事は消化、吸収、排泄のバランスが崩れいるサインです。
 
 
便秘には「腸の機能低下で起こる便秘」と「何らかの病気で起こる便秘」の2種類があります。
 
 
特に女性に多いのは「腸の機能低下で起こる便秘」と言われています。
 
 
快便は健康のバロメーターの1つ。
 
 
便秘は自律神経の乱れによって生じることが多いと言えます。
 
 
例えば始めての場所や行き慣れない所に旅行にいくと便秘になるといった経験をした事が有りません?
 
 
これは普段と違う環境で交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうからなんです。
 
 
特に環境変化などで体が緊張したりしている時は交感神経が優位に働いているんです。
 
 
日常生活に当ては見てると交感神経が働きやすい時間帯は日中。
 
 
主に仕事や家事、育児、勉強、運動などをしている時に優位に働いています。
 
 
逆に副交感神経が優位に働いている時間帯は夜間。
 
 
リラックスしている時や眠っている時、その他にも食事をしている時、お風呂に入っている時などで優位に働いています。
 
 
副交感神経が優位に働いている時は胃腸など消化器官の働きは活発になり、栄養の吸収や老廃物の排泄が進みます。
 
 
その為、過度の緊張などで交感神経が優位に働いてしまっていると消化、吸収、排泄にも良くないことがわかりますね。
 
 
また、女性は生理周期によっても便秘になってしまいます。
 
 
生理前にはプロスタグランジンというホルモンが出ているのですが、このホルモンは腸の蠕動運動を低下させてしまう働きがあるんです。
 
 
その為に生理前に便秘になってしまう方な多いんです。
 
 
 
便秘を解消するためには自律神経や女性ホルモンのバランスを安定させ、腸内環境を整えることが重要です。
 
 
では、どんなことが大事なのでしょうか?
 
 
便秘解消の最も重要なポイントは腸の蠕動運動です。
 
 
蠕動運動というのは腸の内容物を先へ先へと押し出す動きのことで、この動きが弱まると、食べた物が腸内で異常発酵するなどして、悪玉菌が活動しやすい悪い腸内環境になってしまうのです。
 
 
一方、蠕動運動が活発になると、腸に残っている物がスムーズに押し出され、腸内がきれいになり、善玉菌が活躍しやすくなります。
 
 
そして、この蠕動運動を支配しているのが自律神経のうちの副交感神経なのです。
 
 
自律神経が乱れている人の多くは副交感神経の働きが低下しています。
 
 
このため、蠕動運動も不活発になり便秘がおきるのです。
 
 
副交感神経の働きを高めてやれば、蠕動運動も活発になり、腸内環境が整います。すると、さらに副交感神経の働きが高まります。この好循環によって、便秘が解消する方向に向かうのです。
 
 
 
また締め付ける刺激は自律神経を乱す原因の1つ。
 
体を細く見せようとして、ガードルをはいたり、小さめのショーツをはいている女性も多いですよね。
 
 
腸を締め付けると、腸の蠕動運動が低下してしまいます。
 
 
こちらも合わせて読んでみて下さい
 
『下着選び』

 
 
 
では、副交感神経の働きを高めるためには、どんなことが必要でしょうか?
 
 
副交感神経を働かせる様々なリラックス方法がありますが、それだけでは中々上手く行かない人もいるのではないでしょうか。
 
 
その為、「副交感神経を優位にする」という考え方はしないで、交感神経を働き過ぎない環境作りをする!!
 
 
どう言うことか、交感神経が働かなければいけなくなる原因はストレスによる身体の変化に対してです。
 
 
ストレスによって身体の機能が変化するから身体のバランスが乱れてしまいます。
 
 
交感神経はその乱れに対して必死にアプローチしているのです。
 
 
交感神経と副交感神経のバランスを左右の筋肉に例えてみるとわかりやすいかもしれません。
 
 
右足の筋肉に力が入っていないようなときには、左足の筋肉は右足の分も頑張って身体全体を支えてくれています。
 
 
その状態が続いてしまうと次第に骨盤のズレが生じたり、肩の高さが変わってしまい肩こり腰痛を引き起こす。
 
 
要するにバランスの乱れた身体を必死になって支えようとしている状態が交感神経が優位になった状態と言えるんです。
 
 
身体のバランスが整っていれば、交感神経が過度に働く必要はないということなのです。
 
 
 
そこでセルフケアでおすすめなのが姿勢を意識する事。
 
 
脚を組んだり、頬杖をついたり、毎日の同じ所に負担をかけたりしないように心がけて下さい。
 
 
全身鏡で体をチェックするのも良い習慣です。
 
 
勿論、歪んだ体は戻りにくい方も多いですから施術を受けて頂くのもオススメです。
 
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。     

 

妊活 〜腸内環境と不妊体質〜

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院
 
妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院の伊藤です。     
 
 
 
本日のお話は『腸内環境と不妊体質』
 


IMG_1810.jpg



 
腸内センサーって言葉をご存知ですか?
 
 
腸は第2の脳と言われているぐらい多くの神経細胞が集中している臓器です。
 
 
腸には身体に害になるものを識別して排除する機能が備わっています。
 
 
しかもその機能は脳の指令を受けずに腸が自分で働く防衛システムなんです。
 
 
発生学的に腸での消化は動物である私達の根幹といえるんです。
 
 
動物が最初に持った器官(特定の働きを持つ細胞の集団)が「腸」と言われています。
 
 
発生学では、まず腸が発生し、その後に脳が発生したんです。
 
 
この事から腸は脳と相関があるということがわかりますね。
 
 
そして腸と脳は自律神経という神経でつながっています。
 
 
例えば、ストレスを感じたりした時、下痢をしたり、便秘になったりした経験ってありませんか。
 
 
脳がストレスを感じるとそれが腸に伝わり、便秘が引き起こされたり、下痢を引き起こされたりするんです。
 
 
裏を返せば腸内環境を整えることによってストレスが軽減されると言うことになりますよね。
 
 
脳がストレスを感じると妊娠に必要な排卵をおこすホルモンの分泌が低下し、結果的に妊娠しにくい状態を起こすと言われています。
 
 
腸内環境を整える事で脳のストレスを軽減できれば、ホルモンの分泌を正常にする事が期待できますね。
 
 
また、腸は卵巣や卵管、子宮の後ろにある臓器です。
 
 
腸内環境が悪化し、便秘になると腸には不要な便が溜まり、卵巣や卵管、子宮を圧迫してしまいます。
 
 
圧迫された卵巣や卵管、子宮の場所によっては血流量は減ってしまいますので、質の良い卵子が育たなかったり、排卵時には卵管が通りにくかったりしますし、便秘によって受精しにくい状況になっている可能性もあります。
 
 
それだけでなく、腸内環境が悪化すると腐敗なガスが溜まってしまいます。
 
 
特にいつもお腹が張っている感じの人はガスが溜まっている事が多く、全身に腐敗ガスが再吸収され、細胞の劣化、酸化や老化を引き起こしてしまう事も考えられます。
 
 
その影響が卵子の質にも影響を与えたり、子宮の機能を低下させているということも十分考えられるんです。
 
 
 
そしてもう1つ、腸は免疫細胞のおよそ7割が集合している特殊な臓器です。
 
 
免疫細胞が正常に働くことで体は健康を維持することができます。
 
 
生命力があるとはこの免疫力、自然治癒力がある事と言い換えることができるんです。
 
 
自分の生命力が弱ければ子孫を残す事はできません。免疫力、自然治癒力に溢れているからこそ子孫を残す事ができます。
 
 
腸内環境が悪化していれば免疫機能は当然、低下してしまい、その結果、体は健康な状態を維持できないので質の高い卵子は育たなく、妊娠も成立しにくい体質になってしまうと考えられるんです。
 
 
 
 
そこで重要になるのが腸内環境の改善、腸内センサーの維持管理と言うわけです。
 
 
せっかく自然に備わっている有害物探知機があるのだからフル活用していきましょう。
 
 
フル活用する為にも大切になってくるのがメンテナンスですね。
 
 
すぐに始めれるのが着色料、香料、保存料、
 
それらを極力排除した食生活。
 
 
簡単な所では調味料の見直しです。
 
 
スーパーで特売で売ってるような醤油風調味料はダメですよ。
 
 
「さ・し・す・せ・そ」は質の高いものを選びましょう。
 
 
とくに原材料の表記には気を付けて下さい。
 
カタカナが多いもの、知らない単語が多いものは避けてみて下さい。
 
 
 
そしてデトックスとしてはファスティングがおすすです。
 
 
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。

陰陽からみた種まきのタイミング

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
 
本日のお話は『陰陽からみた種まきのタイミング』
 

コラム 陰陽からみた種まきのタイミング.png
 
ずばり、子づくりは夜の11時までに済ませるとよいかも。
 
 
妊娠しやすい体作り、体質改善の目的とは卵子の質の向上ですが、タイミングを取らなくては勿論、妊娠はしませんよね?
 
 
排卵のタイミングは排卵チェッカーを上手く活用してもらいたいですが、最適な時間ってあるの?
 
 
いつタイミングをとるのが効果的なのか、東洋医学の陰陽論から最適な子づくりのタイミング(時間帯)を考えてみようと思います。
 
 
陰陽には時間帯の変化あります。
 
 
私たちが何気に過ごしている、1日の中にもそのエネルギーはしっかり影響しています。
 
 
簡単に分けると昼間は陽、夜は陰になります。
 
 
そして、それをもっと細かにすると
 
 
2時~6時 陰中の陽
 
6時~12時 陽中の陽
 
12時~18時 陽中の陰
 
18時~2時 陰中の陰  
 
 
と現す事ができます。
 
 
子作りを考えた時の陰陽では
 
 
陽の極みに咲く花が受粉した時、『陽の中に陰』が生まれ、
 
 
陰の極みで地中に落ちた種に『陰の中の陽』があらわれると発芽、伸展へと向かう。
 
 
と表現されます。
 
 
陰陽論では陰の中にも陽に移行する為の陽があり、陽の中にも陰に移行する為の陰があるんです。
 
 
そして陰は種まきの時期、陽は発芽の時期と考えられます。
 
 
1日の中では午前0時を過ぎると転陽すると言われています。
 
 
しかし、実際にはその1時間前の午後11時には陽への転化が始まっているので、種まきは夜の11時までに済ませることが必要と言えるんです。
 
 
この事から転用の始まる11時過ぎは発芽の時期に入るので、陰陽論的には11時を過ぎての子づくりでは遅いというわけですね。
 
 
勿論、夫婦のコミュニケーションをとる時間帯がどうしても遅くなりがちな現代社会ですが、健康の事を考えても時間を意識してみるのも必要です。
 
 
是非、早めに夫婦の時間をとってみてくださいね。



妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。     




2人目不妊とセックスレス

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院の伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。     
 
本日のお話は『2人目不妊とセックスレス
 
 
日本は世界でも稀なセックスレス大国。
 
 
一般社団法人 日本家族計画協会の統計では44.6%、実に半数近くの夫婦がセックスレス(1か月以上性交渉なし)という驚愕の結果が…
 
 
理由のトップは
 
男性は「仕事で疲れている」(21.3%)
 
女性は「面倒くさい」(23.8%)
 
 
切ないですね。
 
 
 
女性は妊娠・出産・授乳と立て続けに体が変化する時期があります。
 
体の中では女性ホルモンも劇的に変化します。
 
 
それにともなって産後からマタニティブルーなどの心の変化が訪れる方も少なくありません。
 
 
出産後の女性は慣れない育児で生活サイクルもがらりと変わってきます。
 
夜中の授乳や昼夜逆転、夜泣きなどでクタクタに疲れたママは旦那さんから求められても「とてもそんな気持ちになれない」ということも多いですよね。
 
 
そして年齢が上がるに伴い、男性は働き盛りの年齢に入り、女性も家事に育児、仕事を再開する人もいるでしょう。
 
その為に夫婦の就寝時間のズレも大きな問題になっているようです。
 
 
働き盛り世代では女性は寝かし付けの為、子供に合わせて早く床に入ることも多くなりそのまま寝落ちしてしまったり。
 
 
仕事で帰宅が遅い男性だと帰宅した時にはもう妻が寝入っているということも多くなってしまいます。
 
 
そこで夫婦間で共有しておきたいのが欲求の優先順位です。
 
 
人間には3大欲求というものがあります。
 
みなさんもご存知かと思いますが食欲、性欲、睡眠欲ですね。
 
 
その中でも性欲は最も優先順位が低く設定されているのを再確認しておきましょう。
 
 
なぜなら性欲とは元々、子孫を残す行為。
 
 
まずは本人が健康である事を優先するので栄養、睡眠が足りていない体では性欲は抑えられてしまうんです。
 
 
特に産後すぐの方では赤ちゃんのお世話で睡眠時間が大幅に削られてしまったり、お子さんが大きくなるにつれて子供に手をかける時間が増える為、性欲よりも睡眠欲を優先したくなるのは生理現象として当然のことと言えます。
 
 
しっかり栄養をとり、寝れる時はしっかり寝る。体質改善の基本はここでも生きてきます。
 
 
そのバランスを良くしていく事で性欲も戻ってきますよ!
 
 
そして元気で仲が良い夫婦でも帰宅後は自分の時間が欲しいとスマホをいじったり、テレビを見たりとお互いが同じ空間にいながら距離感が開いてしまっているなんて事もありませんか?
 
 
その為、2人目はかなり子づくり寄りのセックスなんて夫婦も多いのではないでしょうか。
 
 
「何日は排卵日だからがんばろう」みたいな。
 
 
勿論、タイミングをとるのは大切です。
 
 
正しいタイミング法はまた別の機会にお話したいと思います。
 
 
共働きで夫婦が忙しく、性生活の頻度も減る傾向がある為にタイミングを計るのさえ難しいという人も増えています。
 
 
アメリカでは約3日ごとに1回以上セックスをしていれば、いつ排卵が起きても卵管で精子が待っているので妊娠する可能性が高くなるというデータも。
 
 
数打ちゃ当たるなんてのもあながち間違いではないんですよ。
 
 
もちろん、排卵日を推定してセックスをするのはいちばんわかりやすい方法です。
 
 
正確な排卵期を調べる為には基礎体温での予測や病院での検査ではなく、排卵チェッカーを必ず活用して下さいね。
 
 
卵子の寿命は約1日ですが、精子は卵管で約3日生きていることができます。
 
このタイムラグを知っているだけでタイミングの取り方も変わりますからね。
 
 
子作りも大切ですが、まずはセックスレスを解消していく努力も必要なんです。
 
 
セックスレスを解消する為にはまず自分の状態をしりましょう。
 
こちらも合わせてご覧ください!
 
 
産後も体質改善を継続する事で心も体も充実していきますよ。

妊活 〜噛んで噛んで体質改善〜

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
本日のお話は『噛んで噛んで体質改善』
 
 
images16.jpg


妊娠しやすい体作り、体質改善の目的とは? ずばり、卵子の質の向上です。
 
 
今回は咀嚼から体質改善をみていきます。
 
 
皆さんは妊活に必要な『栄養のあるものを食べましょう』といわれていますよね!?
 
 
 
もちろん、栄養のあるものを食べる事も重要。バランスよく食べる事も重要。
 
 
けれど、栄養が含まれているものをよく食べるのでも、バランスよく食べるかが大切なのでもないんです。
 
 
どういうことか。
 
 
ものを食べたという事より、それを体がどれだけの消化・吸収し、栄養として最大限に利用できるかがより重要なのです!!
 
 
 
『人は食べているもので生きているのではなく、消化し、吸収したものでいきているのだ』
 
 
という事を言った人がいます。
 
その通りですね。
 
 
食べても消化できなきゃ意味ないですし、それを効率よく吸収できなくては体は作れないということです。
 
 
添加物の入っていないもの、自然な栄養価の高い食べ物をバランスよく摂るべきですが、いくら食べる物にに気を使っていても、それを使いきれなければ宝の持ち腐れ。
 
 
食べ物から栄養を効率よく摂るために1番簡単、そして効率がよくなる方法が『よく噛む』ことなんです。
 
 
よく噛むことで食物を細かくします。消化は口の中の唾液から既に始まっていると言えるんですね。
 
 
よく噛む事で唾液が出てきます。
 
唾液は食べ物が腸で吸収されやすいように分解してくれる消化酵素の働きもあるんですよ。
 
 
その時に細菌を殺したりする殺菌作業がある酵素が分泌され、毒素を中和する働きがあると言われています。
 
 
その為、ゆっくりと時間をかけ、よく噛んで食べる事が体質改善には重要なんです。
 
 
よく噛まずに飲み込んだ物は胃腸にも負担をかけ、完全に消化できず消化不良の原因になります!
 
 
この消化不良は腐敗の原因になってしまい、毒素を体内に残してしまう事になってしまいます。
 
 
せっかく良いものを食べようと心がけていても噛まなくてはダメって事ですね。
 
 
また、現代人は総合的に早食いと言われています。
 
 
1回の食事の咀嚼回数と食事時間を調べた報告によると
 
 
戦前は1420回・約22分
 
 
現代人は620回・約11分
 
 
噛む回数も時間も半分になっていることがわかりますね。
 
 
 
そこで良く噛む為のポイントが2つ。
 
シンメトリーイーティングと箸を置く。
 
 
早食い防止の為に簡単な事は食べ物を口に入れたら一旦箸を置くことがオススメ。
 
 
早食いの人は口に物が入っているうちに次の物へ箸をすすめ、それを口に入れる為にあまり噛まずに飲み込む。
 
これを繰り返しているんです。
 
 
昔は食事中は箸を置くなって親から教わったりしたかもしれませんが、良く噛む為にも箸を置く事がコツですよ!
 
 
 
 
そして体の歪みをケアできるシンメトリーイーティング。
 
 
人は食事をするとき、無意識に左右の噛む側を使い分けています。
 
 
これを「利きあご」、「偏咀嚼(へんそしゃく)」といいます。
 
 
左右の噛みやすい歯で食事を続けると噛んでいる側のアゴやアゴを動かすときに使う咀嚼筋は強くなりますが、その反対側の使われない咀嚼筋は弱くなり、アゴにゆがみができてしまいます。
 
 
左右どちらかの顎関節や咀嚼筋に偏った力がかかり続けると、顔のゆがみだけでなく、連動している首にも負荷がかかり、体のゆがみを引きおこしてしまいます。
 
 
 
そこで意識していくシンメトリーイーティング。
 
口に物を入れ、少し噛んだら舌で左右に分けましょう。
 
そこで左右同時に噛んでいきます。
 
これを繰り返すだけ!
 
慣れないうちは食べにくいと感じるかもしれませんが、続けてみて下さいね!

 

逆子と陰陽

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
本日のお話は『逆子と陰陽』
 


5.png
 
お産は妊娠中の生活習慣がとても重要です。
 
安産にしていくためにも体質改善を継続していきましょう。
 
 
妊娠中のトラブルの代表とも言えるのが逆子。
 
 
逆子は正式には骨盤位といわれます。
 
 
 
逆子はお産は東洋医学の基礎である「陰陽論」でとてもわかりやすく説明できます。
 
 
逆子の状態はお母さんと赤ちゃんの陰陽関係が崩れた状態と言えるんです。
 
 
もともと男女でみた場合、女性は陰になります。
 
しかし、お母さんと赤ちゃんを陰陽の視点でみてみると、母体は陽、胎児が陰と捉える事が出来ます。
 
 
そして陰陽では上が陽、下が陰。
 
 
本来の赤ちゃんの陽(頭)が下で、お母さんの陰(下半身)とバランスをとっているんです。
 
 
頭の向きが逆さという事は陽と陽、陰と陰が重なっているので、胎児の頭が上なのは陰陽関係からして不自然ということになりますね。
 
 
この陰陽のバランスを整える事が結果的に赤ちゃんを元の位置に戻す、逆子治療となるんです。
 
 
逆子治療とは赤ちゃんを回すということではありません。
 
 
ここが非常に重要で、赤ちゃんが逆子になるのにも理由があるんです。
 
 
凄く単純に説明すると、赤ちゃんは逆子の位置が居心地がいいから逆子になる。
 
 
お母さんの子宮の位置、陰陽のバランスから自分が育っていくために一番適した位置と認識しているからとも言えるんですよ。
 
 
東洋医学からみると逆子の原因はさまざまです。
 
 
しかし、最終的な目標は上下のバランスを正常に戻すことだと言えるんですよ。
 
 
ポイントは3つ
 
・崩れた「陰陽関係」を正常に戻す
 
・普段の生活習慣、食生活を見直す
 
・逆子治療はできるだけ早く鍼灸治療を
 
 
目標はお腹を丸くしていくこと。
 
 
お腹が硬いと子宮の位置も悪く固定されやすく、赤ちゃんも動き難くなってしまいますからね。
 
 
ふわふわのお腹を目指しましょう。
 
 
そして、セルフケアや逆子治療にお灸はとても効果があります。
 
 
逆子と言えば至陰。と言われ、よく使われるのですが、これは直接赤ちゃんを回す為のツボではありません。
 
 
至陰穴は逆上せを緩和させる働きが強いツボなんです。
 
頭部へ偏り過ぎた熱を足まで戻す働きをしてくれています。
また背部の冷え取りにも最適のツボ。
腰が冷える方にはお勧めですよ!
 
このことから至陰穴へのお灸や鍼の刺激は血液循環を促進させ、体内の血液の流れを均一し、上下のバランスを整えてくれます。
 
 
その結果、お母さんと赤ちゃんの陰陽バランスが整うんです。
 
 
日常生活では下半身を冷やさない工夫や心がけが大切です。
 
 
また、悩みすぎや考えすぎは頭に熱が溜まってしまい、熱が上に上がっしまい、陰陽バランスを崩してしまいますので、ラクな気持ちで生活する、スローライフでマタニティライフを楽しんで下さい。
 
 
規則的な生活、栄養バランスのよい食事、上手なストレス解消が逆子を治すコツですよ。

陰陽バランス(陽気の過剰)とセックスレス

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
 
本日のお話は『陽氣の過剰とセックスレス』
 



images13.jpg
 
肌はスベスベしてますか?
 
体は柔らかいですか?
 
ほどよく脂肪がついていますか?
 
 
女性は陰に属すると言われています。
 
 
セックスレスに悩む女性の多くが細身で筋肉質であったり、我が身が強かったり、バリバリのキャリアウーマンであったり、また育児などのストレスを感じすぎていたりします。
 
これは陽が強いという事。
 
本来の女性の働き、陰が乱れていると言えるんです。
 
 
陰陽の考え方では男性は天=陽、能動的で積極的な働き、自律神経では交感神経です。
 
 
女性は地=陰、受動的で消極的な働きで自律神経では副交感神経です。
 
 
男性は交感神経を優位にさせ、緊張し興奮する、そして副交感神経が優位な女性に癒される。
 
 
これが男女の陰陽のバランスなのです。
 
 
副交感神経が優位な陰タイプの女性は肌は白く柔らかで、スベスベしている事が多く、体も柔らかく、丸みを帯びています。陰を象徴するものが多いんです。
 
 
もともと陽が強い男性は女性の柔らかい身体にふれ、安心することで陰を取り込みたいんですね。
 
 
 
陰と陽は互いに引きつけあい、バランスを取ろうとしています。男性と女性が引き付け合うのと同じですね。
 
 
同じものばかりが寄り集まるとバランスの悪いいびつなものになるように、陰と陰、陽と陽が重なると偏ったものになってしまいます。
 
その為、陰同士、陽同士は反発しあう作用があるんです。
 
 
陰陽バランスからみたセックスレスの理由の1つとして、男女ともに本来の男性(陽)の役割、女性(陰)の役割が曖昧になってきたということがあるのかもしれません。
 
 
オスとメスがいて、交わることで子孫を生む。陰陽の調和です。
 
 
心身において異なる身体のしくみや役割を持たせられたのには意味があるんですよ。
 
 
もともとの人間の起源を辿って考えてみると、人々の暮らしといえば男性は狩りに出かけ、獲物を捕らえて家族へと持ち帰る。
 
女性は住みかで食事の支度をしながら男性たちが無事帰るのを待つことが基本にありました。
 
 
現代社会においは男女平等と考え、女性も積極的に社会進出しています。それが悪いという事ではありませんが、結果的に女性も交感神経が優位な臨戦状態(陽が強い)になってしまい、陽の気が全面に出てきている状態が続いていると考えられます。
 
 
女性の陰中の陽が強くなれば、男性の陽の気と反発してしまい。結果的にお互いを求めなくなると考えられます。
 
 
女性が男性を受け入れられないのは陽の気を必要としてないという事ですね。
 
 
これが女性からみた陰陽バランスの崩れからくるセックスレスの原因と言えるんです。
 
 
 
そして陰陽が交わる場所は膣。
 
 
分解してみると、月、穴、至。
 
穴を通って陰(月)に至る。
 
 
陽の気が入ってくる所です。
 
 
陽の気が自分に多ければ外から必要としない。その結果としてセックスレスになっているって頷けますね。
 
 
 
陰陽のバランスを取る為には現状を知る事から。
 
 
常にイライラしてませんか?
 
子育てだけに集中し過ぎていませんか?
 
仕事に追われ、コミュニケーションをとる時間を疎かにしていませんか?
 
 
 
陽の気が強くなりすぎていませんか?
 
 
 
陰陽バランスを意識してみて下さい。
 
 
・陰性のものを食べる、根の物(ごぼう・大根・ニンジン・・・など)
 
 
・陰性の場に行く(神社仏閣・図書館・書店・・・など)
 
 
・陰性の色を求める(寒色(青)系の服を着る・青系の部屋や布団に入る)
 
 
・陰性の行動をする(瞑想・深呼吸をする・人の話を聞く・・・など)
 
 
 
たまには月を見ながらゆっくりお話しをしてみて下さいね。

妊活 ~陰陽を整えて体質改善~

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
本日のお話は『陰陽を整えて体質改善』
 
 
妊娠しやすい体作り、体質改善の目的とは? ずばり、卵子の質の向上です。
 
 
卵子の質を上げる為に必要な事の1つに自律神経を整える事があります。
 
東洋医学的に言えば陰陽バランスを整える。
 
 
そもそもよく聞く自律神経とは?
 

 
自律神経とは自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことを指します。
 
 
つまり、自分で意識してもできないこと、無意識に行っていることです。
 
 
例えば、内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を排出するなどの働きは全て自律神経の働きによるものです。
 
 
自律神経には交感神経(活動モード)、副交感神経(休息モード)という正反対の働きをする2つの対になる神経の働きから成り立っています。
 
 
この2つの神経がつねにバランスを取ることで私たちの体は動いているんです。
 
 
unnamed6.png
 
交感神経は活発な活動に働く神経になります。興奮状態、闘争状態で活発になる神経だと思ってください。
 
 
ストレスを感じても交感神経が過敏に反応してしまいます。
 
 
興奮状態やストレス状態が長く続くと交感神経の抹消血管収縮作用によって血行を妨げてしまい血流量が低下、体温が低下するので卵巣に行く血液量は低下してしまい、結果的に質の良い卵子が育たなくなってしまいます。そして子宮内膜環境もよくない為に受精卵の着床を拒否するとも言われています。
 
 
また、このようなストレスが続いた状態は脳が非常事態ととらえ、生きる事を最優先とし、生殖機能をセーブするために排卵などにも乱れが生じます。
 
 
次に副交感神経。
 
 
仕事の失敗で落ち込んでばかり、彼との将来が不安で睡眠不足になったり、考え事ばかりで疲れが溜まる…
 
こんな状態になると副交感神経が活発に働いて、身体を休ませようとします。厳密には脳を休めようとしているんです。
 
 
また、休みの日には不規則な生活でだらだらと過ごしたり、過剰に昼寝をしすぎしたりすると副交感神経の働く時間が長くなりすぎ、かえって血液の循環が悪くなって冷え性や低体温、頭痛を引き起こしたりと自律神経の不調を引き起こしてしまいます。
 
 
副交感神経はリラックさせるシステムですが、リラックスが過剰になると「鬱病」「気力の減退」「無気力」という状況になってしまうんですよ。
 
これから妊娠しようとする体なのに気力が消滅してしまうなんて事にもなりかねません。
 
 
日常生活にメリハリをつけることで自律神経のバランスが整い、生殖機能のリズムも整います。
 
 
自律神経を整えて子宝に恵まれるためには、身体を適度に動かし、精神を安定させることが大切ですね。
 
 
 
これを東洋医学的に言うと陰陽のバランスを取る事と言い換える事ができます。
 
 
交感神経にあたるのが陽。
 
 
「陽」の気が過剰になった場合
 
    訳もなくイライラする
    せっかちになる
    怒りっぽくなる
    緊張する
    衝動的になる
    自己主張が激しくなる
    食欲が旺盛になる
 
 
 
副交感神経にあたるのが陰。
 
 
「陰」の気が過剰になった場合
 
    やる気が起きず、無気力になる
    鬱っぽくなり、マイナス思考になる
    やたらと眠いorなかなか寝付けなくなる
    ダラダラ過ごすことが増える
    あれこれ考え過ぎて行動を起こせなくなる
    考え方が受け身になる
    食欲がなくなる
 
 
どちらが多く当てはまりますか?
 
 
陽の気が過剰な場合→陰の気を増やす
 
陰の気が過剰な場合→陽の気を増やす
 
 
この考えを心掛けることで陰陽のバランスを取る事ができますよ。
 
 
けれど、ここで気をつけたい事が中庸という考え方。
 
中庸とはプラスマイナスゼロではなく、過不足のない状態と思って下さい!
 
 
過不足のない状態って何?って思うかもしれませんね。
 
 
世間的にストレスを解消する為に行う事やリラックスする為に行って下さいと言われる事は実は陰を高める行動が多いんです。
 
その為、陰陽のバランスが整わなく、なかなか上手くいかないなんて事も。
 
 
例えば、ヒーリングや瞑想、リラックスする香りのアロマを焚く。ミネラルウォーターや生野菜や果物を食べる。休日は時間を気にせず、ゆったり過ごす。
 
 
これらは全て陰の気をプラスする方法です。
 
 
もともと女性は陰に属しています。
 
夜も陰に属します。
 
 
仕事が終わってからがリフレッシュタイムなんていって、夜型の生活に偏ってしまい、これらの事を行えば陰の気が強い状態にに傾いてしまうなんて事も。
 
 
夕方や夜になってから動くのではなく、とにかく早朝や午前中に動く事で陽の気が高まります。
 
 
朝活などは凄くよいかもしれませんね。
 
 
 
妊活中に気持ちが陰に傾いていると、どうしてもマイナスな事象を引き寄せやすく、体質改善も続ける事が億劫になってしまうなんて事に陥ってしまいがち。
 
 
陽の気を補う事も大切なんです。
 
 
「陽」の気をプラスする対処法
 
    軽めの運動、激しすぎない運動をして身体を動かす
    大掃除や身の回りの整理整頓をする
    朝日を浴びる
    寝過ぎない(8時間以上は寝ない)
    根菜類、温野菜や生姜、ニンニクなどの身体を温める素材を使った温かい料理を食べる。
 
陰陽のバランスをとるために生活スタイルに少し陽をプラスしてみるといいかもしれませんね。

妊活 ~陰陽を整えて体質改善~

体質改善してますか?     
 
 
青葉区市ヶ尾の鍼灸院 妊娠しやすい体質への改善、マタニティから産後ケア、女性の健康と美容のライフサポートをする いとう鍼灸院 伊藤です。     
 
 
妊娠しやすい体への体質改善にはネットや本から知識を入れるだけでは何も変わりません。     
 
 
知識を得たら必ず実践、行動して質のよい卵を育てていきましょう。      
 
 
本日のお話は『陰陽を整えて体質改善』
 
 
妊娠しやすい体作り、体質改善の目的とは? ずばり、卵子の質の向上です。
 
 
卵子の質を上げる為に必要な事の1つに自律神経を整える事があります。
 
東洋医学的に言えば陰陽バランスを整える。
 
 
そもそもよく聞く自律神経とは?
 

 
自律神経とは自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことを指します。
 
 
つまり、自分で意識してもできないこと、無意識に行っていることです。
 
 
例えば、内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する、老廃物を排出するなどの働きは全て自律神経の働きによるものです。
 
 
自律神経には交感神経(活動モード)、副交感神経(休息モード)という正反対の働きをする2つの対になる神経の働きから成り立っています。
 
 
この2つの神経がつねにバランスを取ることで私たちの体は動いているんです。
 
 
unnamed6.png
 
交感神経は活発な活動に働く神経になります。興奮状態、闘争状態で活発になる神経だと思ってください。
 
 
ストレスを感じても交感神経が過敏に反応してしまいます。
 
 
興奮状態やストレス状態が長く続くと交感神経の抹消血管収縮作用によって血行を妨げてしまい血流量が低下、体温が低下するので卵巣に行く血液量は低下してしまい、結果的に質の良い卵子が育たなくなってしまいます。そして子宮内膜環境もよくない為に受精卵の着床を拒否するとも言われています。
 
 
また、このようなストレスが続いた状態は脳が非常事態ととらえ、生きる事を最優先とし、生殖機能をセーブするために排卵などにも乱れが生じます。
 
 
次に副交感神経。
 
 
仕事の失敗で落ち込んでばかり、彼との将来が不安で睡眠不足になったり、考え事ばかりで疲れが溜まる…
 
こんな状態になると副交感神経が活発に働いて、身体を休ませようとします。厳密には脳を休めようとしているんです。
 
 
また、休みの日には不規則な生活でだらだらと過ごしたり、過剰に昼寝をしすぎしたりすると副交感神経の働く時間が長くなりすぎ、かえって血液の循環が悪くなって冷え性や低体温、頭痛を引き起こしたりと自律神経の不調を引き起こしてしまいます。
 
 
副交感神経はリラックさせるシステムですが、リラックスが過剰になると「鬱病」「気力の減退」「無気力」という状況になってしまうんですよ。
 
これから妊娠しようとする体なのに気力が消滅してしまうなんて事にもなりかねません。
 
 
日常生活にメリハリをつけることで自律神経のバランスが整い、生殖機能のリズムも整います。
 
 
自律神経を整えて子宝に恵まれるためには、身体を適度に動かし、精神を安定させることが大切ですね。
 
 
 
これを東洋医学的に言うと陰陽のバランスを取る事と言い換える事ができます。
 
 
交感神経にあたるのが陽。
 
 
「陽」の気が過剰になった場合
 
    訳もなくイライラする
    せっかちになる
    怒りっぽくなる
    緊張する
    衝動的になる
    自己主張が激しくなる
    食欲が旺盛になる
 
 
 
副交感神経にあたるのが陰。
 
 
「陰」の気が過剰になった場合
 
    やる気が起きず、無気力になる
    鬱っぽくなり、マイナス思考になる
    やたらと眠いorなかなか寝付けなくなる
    ダラダラ過ごすことが増える
    あれこれ考え過ぎて行動を起こせなくなる
    考え方が受け身になる
    食欲がなくなる
 
 
どちらが多く当てはまりますか?
 
 
陽の気が過剰な場合→陰の気を増やす
 
陰の気が過剰な場合→陽の気を増やす
 
 
この考えを心掛けることで陰陽のバランスを取る事ができますよ。
 
 
けれど、ここで気をつけたい事が中庸という考え方。
 
中庸とはプラスマイナスゼロではなく、過不足のない状態と思って下さい!
 
 
過不足のない状態って何?って思うかもしれませんね。
 
 
世間的にストレスを解消する為に行う事やリラックスする為に行って下さいと言われる事は実は陰を高める行動が多いんです。
 
その為、陰陽のバランスが整わなく、なかなか上手くいかないなんて事も。
 
 
例えば、ヒーリングや瞑想、リラックスする香りのアロマを焚く。ミネラルウォーターや生野菜や果物を食べる。休日は時間を気にせず、ゆったり過ごす。
 
 
これらは全て陰の気をプラスする方法です。
 
 
もともと女性は陰に属しています。
 
夜も陰に属します。
 
 
仕事が終わってからがリフレッシュタイムなんていって、夜型の生活に偏ってしまい、これらの事を行えば陰の気が強い状態にに傾いてしまうなんて事も。
 
 
夕方や夜になってから動くのではなく、とにかく早朝や午前中に動く事で陽の気が高まります。
 
 
朝活などは凄くよいかもしれませんね。
 
 
 
妊活中に気持ちが陰に傾いていると、どうしてもマイナスな事象を引き寄せやすく、体質改善も続ける事が億劫になってしまうなんて事に陥ってしまいがち。
 
 
陽の気を補う事も大切なんです。
 
 
「陽」の気をプラスする対処法
 
    軽めの運動、激しすぎない運動をして身体を動かす
    大掃除や身の回りの整理整頓をする
    朝日を浴びる
    寝過ぎない(8時間以上は寝ない)
    根菜類、温野菜や生姜、ニンニクなどの身体を温める素材を使った温かい料理を食べる。
 
陰陽のバランスをとるために生活スタイルに少し陽をプラスしてみるといいかもしれませんね。

123456789

アーカイブ

このページのトップへ