妊活をするなら登録必須

メルマガ登録サイドパーツ230.png


・どのように妊活を
   始めるべきか
・正しい病院の選び方は?
・不妊治療でやるべき事、
   やってはいけない事
・体質改善のポイントは?

  知りたい情報満載!!




セラピスト・治療家向け
妊活サポート情報執筆中

cropped-onko-side230.png



オイル・マッサージはこちら
img_logo02.png


ekiten_logo.png



logo.gif




 体に合わせた鍼灸施術

          各メニューを
       クリックして下さい

子宝鍼灸230.png

マタニティ鍼灸230.png

産後ケア鍼灸230.png

婦人科鍼灸230.png

一般鍼灸230.png

美容鍼灸230.png



  • 美容鍼灸師が教える! ちょっといい話
Access

住所
〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505

営業時間
【月曜日~日曜日】
10時~23時(22時受付まで)

TEL 045-972-2238 TEL 080-3310-0789(携帯)

【ご予約】

月~日曜:10時~18時は店舗電話でのご予約可。当日、折り返しがなかった場合は携帯へ直接お電話下さい。

出張可能範囲
東京23区内、調布市、町田市、川崎市、横浜市

上記以外の地域の方でもお二人以上でご予約頂ける場合、もしくは交通費別途2000円で出張可能

お問い合わせ・ご相談

HOME > 子宝・温活鍼灸

子宝・温活鍼灸

子宝・温活TOP文言.jpg

初回オファー 子宝鍼灸700.png

trouble listなやみますか700.png

   ご予約・お問い合わせは電話番号をクリックして下さい
連絡先.jpgのサムネイル画像



その1  血流改善で質の良い卵子が育つ


中医学では瘀血というものが
様々な不調をもたらすとされています。
 
「瘀血の女性は妊娠しにくい」とも言われます。
 
一般的に瘀血とは血の巡りが悪いことを指します。
言葉の通り、血の巡りが悪いと
妊娠しにくいという事です。
 
中医学や鍼灸ではあまり病名で体質をとらえません。
しかし月経痛、子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレート嚢腫等は
瘀血の状態と考えられます。
 
 
瘀血を改善していく事で全身の血液循環を改善し、
結果的に質の良い卵子を育てていけると考えます。
 
数ある不妊治療法の中から鍼灸が選ばれる中でも
大きな理由でもあります。
 
また、受精卵が子宮内膜に着床しづらい「着床障害」の
可能性も瘀血の改善によって取り除きます。
 
「瘀血」は実は日本人女性に多くみられる症状です。
 
瘀血の特徴を表す三大症状に「しこり、痛み、黒ずみ」があります。
 
 
「しこり」
子宮筋腫や子宮内膜症、痔、ポリープ、肩こりや静脈瘤などです。
 
「痛み」
頭痛や月経痛、鼡径部や股関節、首筋や肩、背中の痛みなどが
含まれています。
 
「黒ずみ」
月経血がどす黒く粘りがある、レバー状の塊がある、
肌のくすみシミ、歯茎や唇の黒ずみ、
舌の表面に紫色の斑点がある、
目の周りが黒ずむなどが含まれています。
また、ビキニライン(鼡径部)の黒ずみも
血流が悪いことで滞っている瘀血のサインになります。
 
 
原因はストレス・冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎ
冷え・デスクワークなどの座りっぱなしの生活などで
「血」の巡りが悪くなっているからです。
 
血の巡りが悪いと卵巣に必要な血液が行かず、
質のいい卵はできません。
 
質のいい卵子を育てる事こそ妊活の一番の目的となります。
 
瘀血を取り除き「血」の巡りが良くなってくると
体のバランスが整い、基礎体温も上がってきます。
高温期と低温期もスムーズに移行してきます。




その2  骨盤の安定化によって子宮卵巣の機能が改善


骨盤は子宮や卵巣・卵管と密接に関係している場所になります。
体のどこであれ、むくみが起きると機能低下が起きることは知られていますが、これと同様のことが骨盤内にも起きると考えられます。
 
不妊症の方はお腹が張りやすい、下腹部に特有の弛みがあるといったことが見られ、これらは体液循環が悪い際に見られるものです。
 
腹部の体液循環の悪さは骨盤内の血液循環を不安定にし、いわゆる“冷え”を起こしやすくします
 
よく冷えは不妊症の原因といわれますが、子宮自体が冷えていたり、
卵巣が冷えているというわけではなく

骨盤深部の血液循環の悪さをを指しているのです(手足の冷えと混同されている方も多いですが、これとは別物です)。

卵巣自体は体表から奥に8㎝ほど体内にある為、表面的に温める事はあまり意味がありません。

そもそも卵巣や子宮って冷えているってほど冷たくはならないですからね。

けれど体内からしっかりと血流の改善をして卵子に栄養(血液)を届けていく事は非常に重要です。

 
また、骨盤は生理周期に合わせても微妙に開いたり締まったりしています。
骨盤が歪んでいると開かなければいけない時期にスムーズに開かず、周辺の筋肉が緊張する事で骨盤内や周辺の血流が滞り、生理痛や下腹部痛、腰痛頭痛といった症状を引き起こします。
 
また、妊娠が成立しなかった(着床しなかった)際に不要となる子宮内膜を排出するのが生理です。
 
骨盤の歪みがあると子宮内膜がうまくはがれず、排出できずに腹腔内に逆流し子宮内膜症につながる場合があります。
 
更に骨盤が歪んでいると血液の流れが悪くなり、子宮や卵巣の機能が低下する、子宮や卵巣が圧迫される、ねじれるといった症状に発展することがあります。
 
血流の悪さから冷え性となり、子宮や卵巣機能が低下すると、脳からのホルモン分泌の指令をうまく受け取れません。ホルモンは血液に乗って運ばれていますから妊娠に必要なホルモンの刺激も届きにくいことから不妊につながるといわれています。
 
鍼灸治療で骨盤周りの筋肉を緩め、骨盤内の血流を改善する事を目的として行います。





その3  ホルモンバランスが整う事でスムーズな排卵と着床


女性の体は大きく分けて、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンのバランスによってコントロールされています。
 
エストロゲンは女性らしいからだ作りを助けるホルモンであり、初潮を迎える頃から30代半ば頃まで活発に分泌され、その後は閉経に向かって少しずつ分泌量が減っていきます。
生理周期では低温期に多く分泌されて、卵子の成長など受精に向けての準備を促してくれます。
 
プロゲステロンは子宮内膜をやわらかくして着床の準備をしてくれるホルモンです。
生理周期では高温期に多く分泌されて受精卵が着床して妊娠を維持できるように働きかけてくれます。
 
このホルモンのバランスが崩れてしまうと生理不順や無排卵、子宮内膜症などの原因となり
妊娠しづらくなってしまいます。
エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく切り替わることで
規則正しい生理周期が繰り返されますので赤ちゃんを望む女性は
ホルモンバランスを整えることが大切です。
 
月経の時期に脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌され、
下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌するように働きかけます。
 
指令を受けた脳下垂体はFSHを分泌し、卵巣に卵胞を成熟させるように促します。
FSHに刺激された卵胞は成熟するに伴って卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌します。
 
エストロゲンによって子宮内膜が厚くなり、頸管粘液が分泌されるようになります。
 
卵胞が大きくなり、エストロゲンの分泌が十分な量になるとそれを察知した視床下部は、
脳下垂体に黄体化ホルモン(LH)を大量に分泌させ(LHサージ)、卵巣に排卵するように促します。


 
LHサージを受けて、排卵が起こります。
 
排卵後の卵胞は黄体に変化し、そこから黄体ホルモン(プロゲステロン)とエストロゲンが分泌されます。
これらのホルモンの働きで、子宮内膜はより厚さを増し、受精卵が着床しやすい環境を整えます。
 
現代人はストレスにさらされ、ホルモン分泌が狂ってしまいがち。
これらをスムーズに働く環境づくりをしていきます。





その4  自律神経の調整








その5  デトックスを促し腸内環境を整える


腸は第2の脳と言われているぐらい多くの神経細胞が集中している臓器です。
腸には身体に害になるものを識別して排除する機能が備わっています。
 
 
しかもその機能は脳の指令を受けずに腸が自分で働く防衛システムなんです。
 
 
発生学的に腸での消化は動物である私達の根幹といえるんです。
動物が最初に持った器官(特定の働きを持つ細胞の集団)が「腸」と言われています。
 
 
発生学では、まず腸が発生し、その後に脳が発生したんです。
この事から腸は脳と相関があるということがわかりますね。
 
 
そして腸と脳は自律神経という神経でつながっています。
 
 
例えば、ストレスを感じたりした時、下痢をしたり、便秘になったりした経験ってありませんか。
 
 
脳がストレスを感じるとそれが腸に伝わり、便秘が引き起こされたり、下痢を引き起こされたりするんです。
 
 
裏を返せば腸内環境を整えることによってストレスが軽減されると言うことになりますよね。
 
 
脳がストレスを感じると妊娠に必要な排卵をおこすホルモンの分泌が低下し、結果的に妊娠しにくい状態を起こすと言われています。
 
 
腸内環境を整える事で脳のストレスを軽減できれば、ホルモンの分泌を正常にする事が期待できますね。
 
 
また、腸は卵巣や卵管、子宮の後ろにある臓器です。
 
 
腸内環境が悪化し、便秘になると腸には不要な便が溜まり、卵巣や卵管、子宮を圧迫してしまいます。
 
 
圧迫された卵巣や卵管、子宮の場所によっては血流量は減ってしまいますので、質の良い卵子が育たなかったり、排卵時には卵管が通りにくかったりしますし、便秘によって受精しにくい状況になっている可能性もあります。
 
 
それだけでなく、腸内環境が悪化すると腐敗なガスが溜まってしまいます。
 
 
特にいつもお腹が張っている感じの人はガスが溜まっている事が多く、全身に腐敗ガスが再吸収され、細胞の劣化、酸化や老化を引き起こしてしまう事も考えられます。
 
 
その影響が卵子の質にも影響を与えたり、子宮の機能を低下させているということも十分考えられるんです。
 
そしてもう1つ、腸は免疫細胞のおよそ7割が集合している特殊な臓器です。
 
 
免疫細胞が正常に働くことで体は健康を維持することができます。
生命力があるとはこの免疫力、自然治癒力がある事と言い換えることができるんです。
 
腸内環境が悪化していれば免疫機能は当然、低下してしまい、
その結果、体は健康な状態を維持できないので質の高い卵子は育たなく、
妊娠も成立しにくい体質になってしまうと考えられるんです。
 
 
デトックスを促す解毒処置、自律神経へのアプローチによって腸内環境を整え
る事を目的とした施術を行います。






鍼灸(はりきゅう)の不妊治療はいつ始める?


現在、西洋医学(高度生殖医療)による不妊治療の成功率は通常20%〜28%といわれています。

当サロンには自然妊娠を望まれる方はもちろん、
病院での高度生殖医療(不妊専門外来)を受診中の方も
鍼灸治療を体質改善のサポートとして利用されています。

鍼灸治療をどのタイミングで始めるかはそれぞれですが、
取り入れるのに早すぎる事はありません。

中医学、鍼灸を通じて体のバランスを良くし、
心身共に健康な土台を作り、
体質改善を継続していく事で
病院での高度生殖医療もスムーズに行えると考えます。

土台がしっかりしてくるからこそ
副作用(リスク)の少ない、 体に優しく、
より効果的な不妊治療が可能になります。

例えば体温がしっかりとした二相性にならず、
病院では黄体機能不全の治療をしても改善されない方。

この場合、鍼灸治療で自律神経のバランス、
血液循環をよくしていく事で
女性ホルモンのバランスが整い、
自然治癒能力を高まる事で症状の改善が期待できます。

また、鍼灸治療によって心身のリラックス効果も得られ、
人によっては長く先の見えない不妊治療にともなう精神的、
肉体的ストレスも緩和されます。



鍼灸サロン Tirtaの不妊治療の実績としては
3ヶ月から6ヶ月間継続(基本的には7~10日に1回の施術)して
鍼灸治療を受ける事によって、
約67%の患者様が妊娠・心拍確認に至ってます。

もちろん、鍼灸治療だけで妊娠率が上がるわけではなく、
ご自身での体質改善の継続がカギになってきます。

鍼灸治療は卵巣や子宮だけでなく全身の機能を改善し、
結果的に子宮などの局所循環だけでなく、
全身の血行循環やホルモンバランスをよくし、
子宮内に胚が着床しやすい状態に導くことが推察されます。

また当サロンは日本メディカルリフレ協会の認定を受けた
妊活コンサルタントがしっかりと体質改善をサポートし、
回り道をしない妊活を皆様に贈って頂けるように
講座を定期的に開催しております。


無題.jpg

img04.png




どのくらいのペースで通えばいいの?

 
生理周期や病院での不妊治療の内容により異なりますが、
最初は1週間に1回のペースで通って頂く事が多いです。
生理周期が安定している方ですと生理5~6日前、
生理時は2~3日目、排卵期の最低3回は
お越しくださるようお願いしています。
 

初回施術時には基礎体温表、検査表、
今までの治療歴などをお持ちください。
講座内でもお話していますが、その方の行なっている
治療段階に応じた施術を行いたいと考えています。
 

ただし、以下のような方は当院には向いておりません。
 
・妊活に対してマイナスイメージばかりの人
・旦那の愚痴ばかりの人
・ご自身の健康のためにお金を使えない人
・鍼灸の施術だけで体質が変わると思っている人
・自分のカラダを自分で管理するという意識が少ない人
・当日キャンセルや予約時間に遅れてくる人
・病院、鍼灸院、整体院などハシゴばかりの人
 
しかし、反対に以下のような方は当サロンは必ずお役に立つことができます。
 
・健康に対して意識が高い人
・私のアドバイス通りに通院していただける人
・自分のカラダにお金と時間を投資できる人
・家でも自分の身体のために生活習慣を改善しようとがんばれる人
・予約時間を守ることができる人





自宅で行う事はありますか?


基礎講座、実践講座でもお話していますが、
鍼灸治療は体質改善のサポート的な側面が強いと考えます。

例えば、コンセントのコードが絡まっていた場合に
その絡んだものをほどいていく事が鍼灸治療ですが、
実際にどのぐらいの電気が流れるかはその人の体に依存しています。
そこで強い電流を流せるようにするのが体質改善です。
 
ご自身で行って頂く項目は講座内でお話しています。
また、状態に合わせてその都度アドバイスをしていきます。
 
少しでも短期間で念願成就していただくために、
細かな生活指導を行います。

一人でも多くのご夫婦に子宝が授かるよう一生懸命、
施術を行って行きたいと考えております。

お気軽にご相談下さい。

   ご予約・お問い合わせは電話番号をクリックして下さい
連絡先.jpgのサムネイル画像



※ 往診などで店舗に戻らない場合もございます。
※ 当日に折り返しがない場合、緊急の方はメールでのお問い合わせをお願い致します。

メールでのお問い合わせ問い合わせ.png


メルマガ登録.png

このページのトップへ